スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

into a dream

私の見る夢には、
『色』『音』『感触』『温度』がついている。

だからたとえば手を繋ぐシーンがあれば、
相手の手の感触も温もりもリアルに感じられる。
たとえば何かから逃げるために走り続けているシーンなら、
汗をかく感覚もリアルにある。

舞台となる場所も、基本的には知ってる場所ばっかり。
職場だったり、学校だったり。

逆に非現実的な点といえば、
上記の走ってるシーン、どんなに走り続けても疲れない。
体力ないし走るの遅い私なのに、いくら走ってもスピードが落ちない。
舞台が高校なのに職場の同僚がいたり、
大学のキャンパスに中学時代の同級生がいたり。

あと、『匂い』がないかもしれない。
ガクちゃんが出てきた夢でも、エゴプラ臭の記憶ないし。
・・・ということは、『味』もない可能性高いかも?
今まで夢の中に食事シーン出てきたことないけど(爆

関連記事
スポンサーサイト

2007/07/21 22:06 
DAYSComment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。