スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

龍虎激突

冒頭、長尾軍本陣で景虎が出陣の心構え(?)を説くシーン。
あの一連の台詞、謙信公祭で聞いたっ(> <。)

出陣行列のとき、
途中何ヶ所かで立ち止まってパフォーマンスするとこで流れてた!!

あの時は自分の興奮と周りの喧騒とであんまり聞き取れなかったけど、
「天命に背くものと心得よ」とか
「これより武田晴信を成敗しに参る!」とかははっきりと覚えてるもん。

だから今日、台詞の途中で
「これ、あのときのだ!!」って気付いてからはもう、
感激というか、感動というか、なんていうか胸がいっぱいで。
ちょうど衣装も出陣行列のときに纏ってたのと同じ鎧だったしね。

そして最後。
千曲川をはさんで武田軍と長尾軍が対峙するシーン。

「別れを告げに来たのじゃ。
 あの臆病者の晴信も、見送りに出てきたではないか。
 次に会うときは、別れを告げるいとまもあるまいて」

もうねぇ、景虎天晴れ!だよね。
戦の場だというのに、なんと洒落たことを言うのかと。

でさ、両軍の、たとえば軍議のシーンとか。
違いがうまいこと表れてるなと思ったよ。

『イメージカラー:赤』な感じで男くさくて熱血っぽい武田軍と
『イメージカラー:青』な感じのクールでどこか都会的な空気感の長尾軍。
(あくまで私の主観です;)

もし景虎役がガクちゃんじゃなかったとしても、
あるいは長尾軍に肩入れして見ちゃったかもしれない
と思うほどの魅力が、ちゃんと描かれてると思うのね。

まぁ、今となってはガクちゃん以外の景虎なんて
想像できませんが(-ω-;)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

2007/09/30 22:19 
G+JobComment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。