スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

CUBE

今日はNOIZのNEW Album発売日ということで、
朝から心斎橋のライカまで行ってきました。

今回、インストの発表が発売日前日というありえなさの為、
開店前に並んでる人数、ずいぶん少なかったですね。
いつもいる常連さんも、顔見ない人いたし。

で、最近の私がNOIZの新譜を買うと毎度のことですが
ま~ぁ、今回も泣かされましたよ。

まず、初回版のブックレット。
まぁぼの言葉、特に最後の『絶対に、だ』に。
たけすぃの言葉の、後半(右半分ね)に。
ライブ写真の中の、高々と上げられた隊員さんたちの手に。

曲では、試聴のときからの予感どおり、
『LAST WORD』がぐっさぐさ胸に突き刺さり。
挙げ句曲の終わり方にずったずたにされました。

でも、それが嬉しかったりするんだよね。
ここまで容赦なく、ダイレクトに、
胸を、心を、私という人間の核を
揺さぶってくれる存在は、NOIZ以外にいないから。
それを痛感できるから、
NOIZの曲に胸をえぐられる痛みは嫌いじゃない。

そして『BUZZ』

『だからこの歌この声で
 導いてみせるこの場所で』

この歌詞を書いたのはまぁぼだけど、
えんじぇるが歌うと、もう、説得力が半端じゃなくて。

あぁ、きっとえんじぇるはいつだってこんな想いで、
ステージに立ってくれてるんだろうと、
私たちに歌を届けてくれてるんだろうと、容易に描けるよね。

最近のNOIZは、本当に、本気で『音楽で世界を平和にする!』って覚悟が
びしびし伝わってきて、すごく頼もしい。
初めてNOIZに出逢ったときとは、比べものにならないくらい、おっきくなったね。

私も、少しでも戦隊の力になれるように、
戦隊と一緒にこの世界を変えていけるように、力が欲しいって思うよ。

だから、まずは4日後の大阪城野音。
6月のワンマン以来の、3ヵ月半ぶりの戦隊ライブ。
ここでいっぱい力をもらって、
それを私の中で何倍にもして、
来月のワンマンに返しに行こう。











現実的なこと。
身近なこと。

だれも、大それた事を歌わなくなってた。


乾いた声。
乾いた言葉。

いつの間にか、だれも夢を歌わなくなってた。


泣きたいくらい絶望したっていいじゃないか。
それでも、高望みするんだよ。


僕らだけは、ずっと変わらずに、ただ進んで、馬鹿げた夢を歌おう。
音楽で世界中に笑顔を届ける。






絶対に、だ。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : CD・DVD - ジャンル : 音楽

2008/10/01 15:13 
NOIZComment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。