スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

22th Anniversary Live~No.990~@ESAKA MUSE

今日はマイミクさんのお友達が急遽不参戦となり、
その方の分のチケットと交換してもらったので、
元々の整番の半分以下、20番代後半で入れちゃいました(´艸`*)
なのでいつもの如く、上手2列目、
最前の2人の間からKENTAROさんを真正面に見れる位置を確保♪

最近のお約束な感じで、10分押しでスタート。
さぁ~ぁ1曲目何かなo(^▽^)oと思ってると【Who are you?】
おぉーーー?
なんかちょっと意外だけど、好きな曲だから嬉しい(≧ω≦)

そしてのっけから
【HUNTING DAYS】→【ジェットタイガー】→【神風ギャング団】
定番の盛り上がり曲が立て続けで、いきなりお祭り騒ぎヾ(´∀` )ノ
なにこれちょっと熱過ぎる上に楽しすぎるんですけど(*ノ▽ノ)

ここで1回目のMCだったんだけど、
このお祭り騒ぎで沸き立った頭にMCの記憶が留まるはずもありません。
なんかKIBAさんがやけに可愛かった記憶はあるんだけどね(^▽^*)ゞ

で、次はちょっと昔の曲を、って【Purple Heaven】
続いて【凱歌】!!
これはね、前にライブで聴いたのもこのESAKA MUSEで、
しかもそのときはライブで聴くのが初めてだったから
ノリ方がわからなくてちょっと不完全燃焼だったんだ。
でもこの日はしっかり♪もっと 上へ♪もできて満足(人´∀`)

さらにその次が【ときめき】で、三部作から畳み掛けてくるなー
と思ってたら、【ときめき】終わりでKIBAさんがしゃべり始めた。

牙「倒れてもまた立ち上がればいい!
  ・・・・・・(-ω-?) (←セリフ飛んだなwwwww)
  ・・・・・・・・
  倒れても、また立ち上がればいい!
  でも心が折れて倒れるのは、自分が自分に舐められる。
  それは致命傷。 ―死に至る傷― 」

そうして始まったのが、ニューアルバムに収録される新曲【死に至る傷】
もうねー、体の奥底からふつふつと喜びが沸き溢れてくるくらい、
めーっちゃかっこよくて、いやもうどうしようかと思った( ̄▽ ̄*)ゞ

この後【破裂願望】があったんだけど、
なんとなく私的にこの曲はアンコールで聴くイメージが強くて
本編で聴くのが新鮮な感じだった。

そして2回目のMC。
やっぱりニューアルバムの話とかだったよね?
で、そうだ!アルバムタイトルが『黒密典』に決まったんだけど、
その前にタイトル候補として上がったのが・・・

牙「22年間続けてきても日和ることなく、
  むしろどんどん激しくなってきてるってとこから
  『 不 老 不 死 』とかねw
  あとは、自分らで曲作って自分らでやってるんで
  『 自 作 自 演 』とか(・∀・)b」

⌒⌒⌒(~ _△_)~ギャハハ
あの、『不老不死』とか『自作自演』ってアルバムが
CDショップに並んでるの想像するとめっちゃ可笑しいんですがwwwww
仮に『自作自演』になってたら
ジャケ写とかどんなんにするつもりだったんだろうヾ( ̄w ̄* )

お次、KENTAROさん。
前に大阪でライブやったのが4月で、
そのライブ終わりで曲作りの合宿にいったんだよね。そして・・・

謙「今までで一番いいアルバムができましたー(・∀・)ノ
  ・・・まぁ『これまでで3番目のアルバムです』とは言われへんけどねw」

そりゃそーだwww
で、この日はガーゴの22周年のお誕生日ということで・・・

謙「この中に22歳の人おる?(上手後方で手が挙がる)
  おぉ!同い年やねー☆
  すごいねー、生まれたと同時にバンドが始まって、
  そこからと・・・大人の階段を上って・・・」

ねぇ、今間違いなく『年取って』って言いそうになったでしょ(; ̄▽ ̄A

謙「ここからも30周年、40周年とずっと続けていきたいと思ってるんで、
  みんなも長生きしようぜぇーーーヾ(≧▽≦)ノ」

・・・・・・ごめん、それ、魔王と言ってることかぶってる(爆)
なんか最近ガーゴと魔王って、MCのネタめっちゃかぶるんですけどwww

謙「生きてればいいこともいっぱいあるよ!
  悪いこともあるかも知れへんけど、
  いいことは生きてないと味わわれへんからね!!!
  で、一生のうちにできるライブの数なんて限られてて
  今から1万本目指してもそれはできひんからね、
  1本1本を大事に、楽しんでいきましょう( ・`∀・)b」

次は、KENTAROさんに先か後かどっちがいいか聞かれて
間髪いれずに「先!!!!」って答えた俺様。
今日はガーゴの誕生日だというのに・・・

敏「なんや、ケーキはないんか? シャンパンはないんか?
  気 の 利 か へ ん や つ ら や な ぁ ( -д-)ケッ
  金 使 わ へ ん ね ん か ら 気 ぃ く ら い 遣 え や(`へ´)ノ
  ・・・金は使てるっちゅーねんなw
  おぅ、またアルバムも買いなさい(`∀´)ノ」

( ;∀;)シ( ;∀;)シ( ;∀;)シ
もう、あまりに俺様が俺様過ぎて、
あたし上手住人なのに嬉しくなるよヾ( ̄w ̄* )

ってか確か俺様って甘いものだめじゃない?
ケーキ用意したら用意したで、
「そんなん食えるか!それより酒じゃ( -д-)ノ」
とか言いそうなんですけどwww
あぁぁ、だめ、そんな俺様めっちゃ見たい( ;∀;)シ

でね、この『アルバム買いなさい!』に対する返事がいまいちでね、

敏「そんなんじゃぜんぜん売れる気がせぇへん(`へ´)
  買いなさい!(`д´)」
客「はぁ~い」
敏「それじゃ10枚くらいしか売れへんな。買いなさい!!(`д´)ノ」
客「はーーーい!」
敏「・・・30枚くらいやな。ま、ええわ」

((゜Д゜;≡;゜Д゜))
え、ちょ、俺様、30枚でいいの!?!?!?!?wwwww
いやどう考えてもあかんだろうw
足りんだろう、30枚じゃ⌒⌒⌒(~ _△_)~ギャハハ

と、甘いんだか厳しいんだかわからない俺様の基準が露見したところで、
Gargoyleの最終兵器、KATSUJIさん。

この日は別に面白いことも言ってなかったんだけど、
なんでこんなにKATSUJIさんの発言て記憶に留まってくれないんだろう(爆)

勝「22年間やってきて、まぁ僕が入ってからは21年ですけど、
  ずっと上がり続けてるってのが実感ですかね。
  プレイも、難しかったり忙しかったりするんですけど・・・」
客「(『忙しい』ってwwwww)」
勝「え、なんで笑うん?なんもおもろいこと言ってへんで???
  だって俺、忙しそうやろー?」

いや、せっかくのKATSUJIさんのあのスーパードラミング、
『忙しい』って形容しちゃっていいのか( ;∀;)シ
なんか、めちゃくちゃもったいないよ( ;∀;)シ( ;∀;)シ

勝「(ガーゴに)入った時は高校生だった僕ももう38ですよ。
  実家が散髪屋やから38(さんぱち)でちょうどええ、ってね(^∀^)ゞ」

・・・それ、今年のお正月からずっと言うてるよねー(-ω-;)
もうええで? ←←←

さて、KATSUJIさんがしゃべってる間、
ステージ上に完全に仰向けになって寝そべってたKIBAさん(爆)
え、倒れてるんじゃないよね?大丈夫??
って心配になるくらいのくつろぎっぷりでしたねヾ( ̄w ̄* )

牙「この22年間、メンバーとか、スタッフとか、見てくれる人たちとか、
  Gargoyleにかかわってくれたみんなのおかげで、
  ここまで来れたんだと思います。
  ・・・あの、
  ゴリマッチョ、細マッチョのゴリマッチョな方の人がいるとするじゃない?」

・・・・・・はい???Σ(・ω・ノ)ノ
その話の流れで、なんでゴリマッチョ?(爆)

牙「でも、そんなめっちゃ鍛えてるゴリマッチョな人でも、
  指一本持ってバキッてやったら、『痛っ』ってなると思うんだよ。
  体はめっちゃムキムキでも、指一本だったら勝てそうな気がしない?
  そんな、一本だったら弱点になるような指でも、
  5本集まってぎゅってなったら、拳という武器になる。
  弱点だと思ってたところも、集まったら強くなる。
  Gargoyleも、そういうもんなんじゃないかなーって思います。
  1人1人はもっとこうした方がいい、ああした方がいいって部分も
  持ってると思うんだけど、
  4人集まると、1人1人を足した以上のものが
  出せてるんじゃないかなって」

この話をしてるときのKIBAさんの表情が、凄く綺麗でね。
あぁ、本当にメンバーのこと好きなんだなぁって。

KIBAさんに限らずガーゴのメンバーってみんな、
メンバーに対してや、ライブ、Gargoyleってバンドに対して
ものすごく純粋な『好き』や『楽しい』を
ものすごくストレートに見せてくれるから。
だからこの人たちを見てるのはこんなに幸せなんだなぁ、っていうか。

あ゛ーーーーっ、なんかうまく言えないヽ(`Д´)ノ
えとね、【太陽の道】の歌詞の
♪太陽に背を向けなきゃ 影を見ずに歩いていける♪
じゃないけどさ、あの人たちはきっと
『好きなこと』『楽しいこと』『やりたいこと』だけを見てるから
だから彼らの『好き』や『楽しい』には影がないんだなって。
だからきっと私たちも、光の部分だけの『好き』や『楽しい』を
見せてもらってるんだろうなって。
なんか、そんなことを思った。

そして、次に始まったのが【ナチュラル】
さっきのMCであったかい気持ちになったところにこの曲はぴったりだね。
しかもこれ、KENTAROさんのコーラスが堪能できる嬉しい曲だし(´艸`*)

続いてもKENTAROさんの(デス声)コーラスが堪能できる【楽園に死す】
あぁ~この流れ嬉しいなぁ(*´∀`*)とニソニソ喜んでたら、
来たよ来たよ、新曲2曲目!【enigma】ヾ(≧▽≦)ノ

これはさっきの【死に至る傷】よりさらにわかりやすくて、
みんな2番ではもうノリ掴んでたよねw
でもってこの曲もKENTAROさんのコーラスがたっぷり(*/ω\*)
もちろん曲はかっこいいし、あぁもう幸せ(*´д`*)

そしてここから【完毒】→【邪悪】→【FIRE KING】と
怒涛の盛り上がり(人´∀`)
なんかひたすら嬉しくて楽しくて、
きれいさっぱり記憶がありませーんヾ(゜▽、゜)ノ

そしてアンコール。
まず1人出てきたKIBAさんが、なにやら一人芝居始めましたよヾ( ̄w ̄* )

牙「ふぅーーー、あっつー(-д- ;)
  みんなも汗かいてるんじゃなぁ~いのぉ~~?
  おっ!?これは・・・!?
  タオルが新しいの出てるんで、よかったら買ってください(・∀・)」

牙「ニューアルバムなんですけど、
  今のところ9月の頭くらいになりそうかな~と。
  9月の3日か、6日か・・・3日かな?
  『黒密典』なんで『く(9)ろ(6)』ってのも出たんだけど
  『く』ろ『み』ってんで9月3日の方がいいんじゃないかということで
  たぶん9月3日に出ると思います(・∀・)ノ」

牙「そういえば22年前に始めてライブしたときは、
  TOSHI君まだサポートだったんだよね?
  ちょっと手伝ってよってやってもらったのが
  その日の夜になんか楽しそうやし入るわって・・・
  まさかそれが22年も続くと思ってなかったでしょ」
敏「あそこで選択を間違えたよね(`∀´)
  もし時間を戻せるなら22年前の7月14日に戻りたいね」
客「えぇーーーっ(-з-)」
敏「そんでまたGargoyle入るよ!
  ・・・また負け組みの人生か(-ω-;)」
牙「Σ(゚д゚lll)で、でもほら、時間戻せたら
  競 馬 の 結 果 全 部 わ か っ て る し ! ! !」

ちょ、牙、フォローが必死wwwww
まぁそうだよねー、KIBAさんと俺様は一心同体の熟年夫婦だもんねーw
何度時間を戻しても、一緒にガーゴやってくれなきゃいやだよねーwww
あ~、一途なKIBAさん可愛い( ;∀;)シ

牙「KATSUJIが入ったんは9月くらいやったっけ?」
勝「そうそう、シャツ着てたの覚えてるわ」
牙「そりゃ着てなかったら原始人やからね( -д-)」

.∵・(゚ε゚)ブッ!!
⌒⌒⌒(~ _△_)~ギャハハ⌒⌒⌒(~ _△_)~ギャハハ
あのさー、なんで牙ってこんなKATSUJIさんには切れ味鋭いのん?www

勝「いや、そーじゃなくて(; ̄▽ ̄A
  ワイシャツみたいなん。からし色の」
牙「からし色の・・・あーなんかバブリーな感じの?」
勝「いや、そんな派手なわけじゃなくて、ただからし色の・・・」

ねぇ、勝治、からし色にどんだけこだわりが( ;∀;)シ

牙「KENTARO君は入ったん11月くらいやけど、
  レコーディングは9月くらいからやってたんやっけ?」
謙「そうですねー、だから今くらいの時期にはもう曲作り始めてて・・・
  そのときの部屋にクーラーがなくて、汗だくになってやってましたねー」
牙「あー、あのソファでw あのソファ、僕の実家のソファなんですよ」
謙「へぇー。あ、そのソファ『絶滅種』にも映ってるんやで(・∀・)
  あのソファが僕の寝床やったからね。部屋もないし、布団もないし・・・」
牙「スポーツバッグひとつでね~」
謙「あ、今はありますよ?
  Gargoyleやっててよかったーヾ(´∀` )ノ」

・・・そこ?(苦笑)
ていうかKENTAROさん、
KIBAさんの発言をことごとくスルーしてる気がするのは気のせいですかw

そして、やーっとアンコール(爆)
【HALLELUYAH】→【死ぬことと見つけたり】
もう文句なしにヘドバン祭りで大暴れーヾ(≧▽≦)ノ

で・・・、この辺だっけか?
上手に来た俺様に目線いただきましたー(人´∀`)
ここ最近、上手に来た俺様に必死にアピる癖がついてきて、
でもって俺様は盛り上がってる人には優しめだしね♪
いずれは俺様ウィンクを勝ち取るのがひそかな目標ヾ( ̄w ̄* )

そして2回目のアンコールでは・・・

牙「今日は全部の音源から最低1曲はやってて、
  『黒密典』からは2曲やったけど、
  あと1つだけやってない音源があって、
  それをやったら全部揃うって今裏で気づいたので、
  次はその音源からいくぜーー(≧ω≦)b」

で、始まったのが【MARK】
こーれはね、上手住人の私がKENTAROさんのギターソロを無視してまで
下手に見入ってしまうほどの見所があるのですよヾ( ̄w ̄* )
熟年夫婦向かい合ってのラヴラヴヘドバンo(≧▽≦o)(o≧▽≦)o

この日もギターソロが始まった瞬間から、視線はKIBAさんにロックオンw
嬉しそうに下手に歩み寄り、俺様の隣でキャピバンするKIBAさん
・・・・・・・・・が!!!
ちょっと俺様!客煽ってる場合じゃないよ!!
隣!隣に気づいて!!!
あ ん た の 嫁 ! ! ! w w w w w

もうね、キャピバンから顔を上げたときのKIBAさんてば
「TOSHI君、やってくれないの・・・?(;△; )」
て悲しげなオーラを全身から放ってたよねwww

でもってやっと俺様が気づいて自分の方向いてくれた瞬間、
オーラがバラ色に切り替わったよね⌒⌒⌒(~ _△_)~ギャハハ

無事に2度目はラヴラヴヘドバンだったわけですが、
嬉しさ余ってキャピバンがいつも以上にキャピってたと思うのは私だけ?w

そしてもう一回!の前に幕が閉まったので、
板付きスタートの曲って何があったっけ・・・?って思考をめぐらす。
したら【極楽フルスロットル】キターーー(≧ω≦)ーーーーー!

あのね、あたし初めて買ったガーゴのCDが『刃』でね、
最初に「あ、『刃』の中でこの曲が一番好き(〃▽〃)」
って思ったのが【極楽フルスロットル】なんだよーーー(。>△<。)
何回聴いても好きだー大好きだーめちゃくちゃ好きだーーー!!!

・・・と、ほとばしる愛を拳とヘドバンに込めて曲が終わると、
俺様の煽りから【CRAZY SADISM】キターーヾ(≧▽≦)ノーーーー!
アンコールで【CRAZY SADISM】っていったら、やっぱ楽器強奪でしょw

ギターソロでマイクスタンドにマイクを置いた牙。
ドセンでギターソロを弾いているKENTAROさん。
牙、頼むからギター奪って(-人-)
っていうあたしの(怨)念wが通じたのか、KENTAROさんのギターを奪う牙w

・・・が!
ギターを奪われたKENTAROさんが向かったのはマイクスタンドではなく俺様。
全力で俺様のベースを狙うwww
ちょ、ギター奪られたんだから素直に歌いなさいよーーーー!
ていうか俺様!絶対ベース渡すなよ!?
なにがなんでも逃げ切れよ!?!?щ(▼ロ▼щ)
ベース奪われたら許さないからなーーー!?(ノ`皿´)ノ

KENTAROさんの【CRAZY SADISM】聴くためにこっちも必死です(苦笑)

で、私の(邪)念wwwが通じて俺様が逃げ切って歌いだしのタイミング♪
諦めてマイクを取ったKENTAROさん(人´∀`)
あぁ、虹遊DVD見て以来、
KENTAROさんVo.の【CRAZY SADISM】生で聴くのが夢だったんだ(*/ω\*)
やっと夢が叶うのねーヾ(´∀` )ノと思ってたら、
なんかKENTAROさんがこっちに迫ってくるw

そのままステージ上手端にある階段を下りて、
上手サイドの柵を乗り越えて、フロア乱入ーーーヾ(≧▽≦)ノ
一気にKENTAROさんめがけて押し寄せる上手住人たちwww
ちょっとなにこのパラダイス、え、天国って江坂にあったんだ!?(違)

上手がお祭り騒ぎになっている中、なんと、なんと!!
男性ファンの方がKENTAROさんを肩車したの!!!
どなたか知りませんが、も、ほんとにぐっじょぶo(≧~≦)o
あの方のおかげでお祭り騒ぎがさらに盛り上がったもんね。

で、そんな中、私の数列後ろで見てたはずのマイミクAさんが
なぜかステージ側から後ろへと、私の横を通り過ぎた。
お祭り騒ぎで前方に押されちゃって戻ったのかな(’’?)
くらいに思ってたんだけど、終演後に話を聞くと、
KIBAさんファンのAさん、お祭り騒ぎに乗じて
がら空きになった最前へKIBAさんにアピりに行った帰りだったんだとかw
ちょ、Aさんもぐっじょぶ( ・`∀・)b

さて、ステージに戻ったKENTAROさん、
お立ち台で自分のギターをかき鳴らしてるKIBAさんをしばし見つめ、
おもむろに・・・肩車したwww
ちょっともうどこまで行くのこのお祭り騒ぎw
だめだー、今思い出しても楽しすぎて変な笑いがこみ上げる(´艸`*)

そんな異常な盛り上がりでもって終わったもう一回。
たぁーのしすぎてまだまだ帰りたくないぞー!!って気持ちで
更なるもう一回!コール(人´∀`)

ほんとこの日はね、本編スタートからひたすらアクセル踏み込む一方ってか
最後まで加速しっぱなしっていうか、
ライブが進むごとにどんどん熱く盛り上がっていく、そんなライブでした。

で、更なるもう一回!は【Genom】
これも文句なしに盛り上がるよねー(人´∀`)
最初から肩抜けるんじゃないかと思うくらい腕振り上げたよヾ( ̄w ̄* )

あぁ~楽しい幸せガーゴさん大好き愛してるぅつД`)・゚・。・゚゚・*:.。
ってもうテンション振り切れて訳わかんなくなるくらい
とにかく大満足に大暴れして【Genom】が終わって・・・

牙「この22年間でもらったものを、
  22年以上かけて返していきたいと思える、そんな22年間でした。
  みんな、本当にありがとう!

  ・・・みんなにありがとうの意味でもう1曲いっちゃう?(・∀・)」

w ( ゜ д ゜ ) w マジで!?

ドラムセットの前に集まって選曲会議を開く4人。
何か曲が出るたびに、俺様だけが首を横に振るwww
2,3曲俺様に却下された後、曲が決まって・・・

牙「みんなにありがとうの意味でやるなら、
  みんなにありがとうって気持ちで作った曲がいいんじゃないかということで・・・」

一瞬の静寂の後流れ始めたイントロは【約束の地で】

つД`)・゚・。・゚゚・*:.。つД`)・゚・。・゚゚・*:.。つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

こぉ~れが泣かずしていられようか!?
もう、もう・・・

この日の尋常じゃない盛り上がりなお祭り騒ぎの最後に
4人の気持ちとしてこの曲を選んでくれたってことが、
嬉しくて、光栄で、もう言葉にならん(涙)

♪いつの日にかもう一度生まれ変わったら 約束の地でまた会おう♪

当たり前のことなんだけど、『約束の地』ってライブなんだなって。
22年前BAHAMAってライブハウスで生まれたGargoyle。
私がガーゴと出逢ったのも、ライブでだった。
ライブで、ガーゴを好きになった。
そんな好きになり方は、ガーゴだけなんだよ?

ガクは雑誌のインタビュー→TV→音源→ライブ
NOIZは知人のライブレポ→HPの試聴→音源→ライブ
いろんなメディアを通った最後がライブだったけど。
ガーゴだけは、曲も知らず予備知識もなくいきなりライブで見て、
ライブを重ねるごとに好きになった。
それも、NOIZを見に行ってたはずのライブなのにね。

ガーゴさんのライブは、すべての人に平等に開かれていて
どんな人も同じように受け入れてくれる。
知ってるとか知らないとか、ガーゴ動員とかそうじゃないとか
ガーゴさんにはそんなこときっとどうでもいいんだよね。
目の前にいるみんなと、その瞬間を楽しむ。
きっとそれがガーゴさんのスタンスなんじゃないのかな。

去年の狂い咲きツアーのときから知ってたよ。
隊員としてガーゴさんのライブに出会ったからこそ、
ガーゴイラーにも隊員にも他のバンドのファンにも
一切分け隔てのないガーゴさんのライブの素晴らしさに惚れたんだ。

もう一度、なんていわない。
何度生まれ変わっても、私はまたライブハウスでガーゴに惚れる。

【セトリ】
Who are you?
HUNTING DAYS
ジェットタイガー
神風ギャング団

Purple Heaven
凱歌
ときめき
死に至る傷
発狂GAMER
future drug
破裂願望

ナチュラル
楽園に死す
enigma
完全な毒を要求する
邪悪
FIRE KING

HALLELUYAH
死ぬこととみつけたり

MARK

極楽フルスロットル
CRAZY SADISM(Vo. KENTARO)

Genom
約束の地で

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

2009/07/15 23:59 
GargoyleComment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。