スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

1,000カーニバル~No.1,000~@CLUB CITTA 川崎(セトリ・演出編)

22年、1000本、8日に1本のペース。
活動休止とかもなく、立ち止まることなく走り続けて辿り着いた
2009年10月10日 CLUB CITTA 川崎
この日のライブに参戦できたこと、私は一生誇りに思う。

入場するや否や小走りにロビーを進み、フロアへの扉をくぐり、
ステージの位置を確認し、逸る気持ちを抑えつつ、
でもやっぱり小走りになりつつ、たどり着いたは上手最前。
22周年記念ライブの表参道FABに続き、
記念ライブでの遠征では2連続での最前捕獲(≧ω≦)

でもね、実は開場待ちの間に俺様の日記で花道があるのを見て、
最前行くかちょっと迷ったんだ。
花道の先端の方がおいしいかなぁ?と思って。
けど、この日のライブは間違いなくDVDになるだろうと思って
ステージの全景はDVDで見ればいいや、と。
だからライブではステージに近い方を選ぼう、と。

で、時計見てなかったから分からないけど、ほぼ定刻スタートだったよね?
まずはオープニングアクトのスーパーセッションバンド。

 Vo.TSUYOSHI(everset)
 Gt.HIRO(Libraian、ex.La’cryma Christi)
 Ba.CRAZY COOL JOE(DEAD END)
 Dr.HIMAWARI(DUSTER-3、SAMURAI DEAD CITY)

私的に、特にお目当てになる人もいなくて
どこを見てればいいのか非常に迷った結果、
目の前のHIROと、4人の中では一番なじみのある剛くんを主に見てました。

1曲目、セッションバンドのVo.が剛くんだと分かったときから、
絶対剛くんの声に合う!と思ってた【完毒】キター(≧ω≦)ーーー!
うん、やっぱり思ってたとおりの感じで良かった(´艸`*)

2曲目の【極楽フルスロットル】はセッションでやると思わなかったなー。
で、確かこの曲でギターソロが原曲と違ったよね?
う~ん、もちろん悪くはなかったんだけど、
どうしても違和感が勝ってしまったよ(;´д`A゛

あ、でもね!どの曲だったかは忘れたけど、
激しくヘドバンしながらギター弾くHIROは普通にかっこいいと思った。

2曲終わったところでMC。
「どっきどきやぜー?」連発の剛くんw
まぁね、周りは大先輩とか有名どころばっかりだからねwww

「楽屋でも全然会話がない!」とかいいながらも、頑張ってメンバー紹介。

HIROを紹介しては「どっきどきやぜー?」
JOEさんを紹介しては「ばっくばくやぜー?」
HIMAWARIさんを紹介した後なんて「もう帰っていい?」www

ここでHIMAWARIさんが
「紹介したろか?『したろか?』って上から目線やな(; ̄▽ ̄A」
ってまだしゃべってる途中なのに

剛「おれつよし!(・∀・)ノ」

勝手に締めた⌒⌒⌒(~ _△_)~ギャハハ
そして

剛「・・・空から見参 ?」

おぉ!これも予想通り(*≧∀≦)ノ
最後のギターソロ明けで剛くんが入るタイミング間違えてたけど、
それもまたご愛嬌だよねヾ( ̄w ̄* )

そんなわけで、心も体もしっかり温めてくれたセッションでした。
あ、最後はける前だったと思うんだけど、
JOEさんがピックを投げる姿をちょうど見れたのね。
んまぁ、これがカッコ良かったんだ!!
ピックを投げる一連の仕草が、どれをとっても隙のないかっこ良さなの!
でもってピックもまたすごい鋭い弾道で飛んでいくのよヾ( ̄w ̄* )
かーっこいー(*´д`*)

セッションメンバーがはけた後、開演前には開けっ放しだった幕が下りた。
ということは、虹遊のときみたいにオープニングに何かあるのか?
と思いながら待つことしばし。

客電が落ちて、いつものSEが流れてきて、ゆっくりと幕が上がる。
ステージ後方から客席に向けられた照明の金色の光が、
上がってゆく幕の下から零れ出すのを見てるだけで、
なんだか泣きそうになった。

最初に出てきたKATSUJIさんが、
すぐにドラムセットには向かわずにセンターのマイクスタンドで一言煽る。
あぁ、虹遊みたいな口上はないけどこれはやるのね(*´∀`*)

そして俺様。

敏「ようこそ、Gargoyleワールドへ!!(`∀´)」

⌒⌒⌒(~ _△_)~ギャハハ⌒⌒⌒(~ _△_)~ギャハハ
ちょ、ごめ、俺様があまりにも俺様で爆笑しちゃった ←
ツアー初日の名古屋で、初お披露目の新衣装を
「どうよ?┐(-∀-)┌」ってやったときも声上げて笑っちゃったけど、
なんで俺様が俺様っぷり全開なことやると
こんなウケるんだろう、あたし( ̄▽ ̄*)ゞ ←きっと上手住人DNAの仕業w

1曲目は予想通り【死に至る傷】
イントロではいつもどおりヘドバンしたんだけど、その後がね・・・

CITTAはステージ高くて、最前なのにステージが遠くて、
でも視界をさえぎるものは何もなくて、
広いステージでのびのび嬉しそうなメンバーを見てたら、
ステージから目を離すのがもったいなくて、ヘドバンできなかった。

けどそれは【死に至る傷】の間だけ。
2曲目におなじみの【ジェットタイガー】が来て、
『いつものライブ』モードにスイッチ切り替わったよ。

あ、【死に至る傷】のギターソロに入るとこでね、
いつものようにKIBAさんがマントを翻したんだけど、
普段のハコならステージを覆わんばかりにぶゎさっと翻るマントが
この日はなんだかこじんまり見えて、
そんなとこでもステージの広さを実感したなぁ。

そして3曲目。
イントロが始まった瞬間、反射的に叫んじゃったよ。
だって、もうほんとにしつこいくらい書いてるけど、
狂い咲きツアー@岡山で最前で聴いて、
KENTAROさんに恋に落ちたきっかけの曲。

7月の22周年ライブ@FABでも最前で聴いたけど、
そのときよりもっともっと嬉しかったの。感動したの!
ってかもう運命さえ感じたよ。
だってね、あの日もこの曲は3曲目だったからつД`)・゚・。・゚゚・*:.。

【 Z I P A N G 】 ! ! !

実を言うと私、今年の1月にも最前で【ZIPANG】を聴くチャンスあったんだ。
でもその日は仕事と電車の遅延で
せっかくの神番だったのに開場に間に合わなくて、最前が取れなかった。

悲しかったし悔しかったけど、
全ての物事には然るべきタイミングがあるって思ってるから
きっと私はまだ最前でガーゴのワンマン見ちゃいけないんだって、
まだその“時”じゃないんだって自分を納得させてたのね。

それから半年経った7月の22周年ライブ、
再び巡ってきた最前のチャンスを今度は掴めて、
そしてそこで聴いた【ZIPANG】

やっと最前で【ZIPANG】を聴くことを許されたんだって思ったの。
それを許してもらえる程には成長したんだな、あたし。って。

それからたった3ヶ月、それも1000本目という節目のライブで、
『最前で3曲目に聴く【ZIPANG】』という
ガーゴイラーとしての私が誕生した瞬間に立ち返れたのが
本当に本当に本っ当に嬉しかったんだ。

でさ、【ZIPANG】が3曲目に来た時点で、
この日は密典カーニバルと違って、黒密典の曲全部はやらないなって。
それを裏付けるように4曲目も定番曲、しかも【HALLELUYAH】!

虹遊では花道の先で牙汁噴射してたけど、
この日はいつまでたっても花道に向かわなくて、
かわりにお立ち台の上に立って噴射。
けどそのお立ち台のまん前でKENTAROさんがギターソロ弾いてたのね。
ほぼKENTAROさんがかぶったよね(; ̄▽ ̄A
でも、それでも表情を微塵も動かさないKENTAROさん、素敵(人´∀`)

MC明け、曲紹介が

牙「僕らの転機になったアルバムから・・・」

だったので【約束の地で】かな?と思ったんだけど、
でもそれじゃ虹遊とかぶるしな(’’?)と思ってると、【ナチュラル】!
わぁ~い、この曲のKENTAROさんのコーラス好き(*´∀`*)

で、【真王】の♪首を変えろ♪でKENTAROさんの首切りが見れてね、
この日は久しぶりに【人間の条件】で首切りが見たいと思ってたから、
曲は違えど見れて満足(人´∀`)

そしてKIBAさんのMCを挟んでめーっちゃ久しぶりの【人の爲】
久々で嬉しくてわきゃわきゃ万歳してたら、
色とりどりの風船が入った巨大風船が降ってきたん(*´∀`*)

でね、上からふわふわと降りてくる風船を見ながら
KENTAROさんがすっとギターのネックを降ろしたの。
あ、こーれはなにかやるぞw(゜∀゜)wって期待しながら見てたら、
背をぐっと反らせて振りかぶって・・・・・・ヘ デ ィ ン グ (≧ω≦)
ちょっとぉ、もうなにあの可愛い37歳(*´д`*)モエ

ひたすらKENTAROさんの可愛さにキュンキュン悶えまくった【人の爲】が終わって
生声でKATSUJIさんのめっちゃくちゃ気合入ったカウントが聞こえてきて
でも、どう考えてもカウントで入る曲じゃないギターとベースが始まって・・・

はい、 ネ 申  降 臨 w w w w w

KATSUJIさんが曲間違えたー⌒⌒⌒(~ _△_)~ギャハハ
このときのメンバーと観客の嬉しそうなことといったらヾ( ̄w ̄* )

で、仕切りなおして始まったのは【あめえばらいふ】
そりゃあんな力いっぱいの『ワン、ツー、スリー、フォー!(`д´)』で
【あめえばらいふ】には入れんわなヾ( ̄w ̄* )

メンバーMC明けは黒密典から静かな曲をって【風の城】
でもこのときね、ステージの天井の照明が1列ついてるだけで、
イントロ終わって歌に入っても、サビに入っても、
いっこうに照明がつかずにステージ暗いままだったの。
あれってやっぱトラブルだったのかな?

ちょっと不完全燃焼で【風の城】が終わって、
次の曲、どんなに曲が進んでも分からない(-ω-?)
と思ってたら【僕らはやがて水へとかえる】
私にとっては新曲でした(; ̄▽ ̄A

ここ最近ライブで知らない曲を聴くことがなかったから、
まさか1000本ライブで新曲聴くとは思わず、油断してたわー(;´д`A゛

その後【カタルシス】をはさんで、
【FIRE KING】【完毒】【メメント・モリ】【死ぬことと】
怒涛の暴れ曲オンパレードヾ(゜∀、゜ )ノ
特に【メメント・モリ】は私にとって気合の見せ所!
Bメロと間奏以外は全部振る!!!( `へ´)ノ

と、この日もやりきった爽快感と、首のどえらい疲労感に浸りつつ
牙の「ラスト行けるかぁ~~~!( `д´)」の声を聞いてるときに・・・

目の前(ステージ上)に照明とは違う、
黒くて四角い箱のような舞台装置があって(これは始めから知ってた)
そこから白く湯気?煙?みたいのが細―く立ち上ってるのに
このとき初めて気づいたんだ。
なんなんだろうなー(’’?)と思いながら【死ぬことと】が始まって。

しょっぱな♪大和魂ぃー(`∀´)/♪
ってやった瞬間、さっきの黒い箱から 火 柱 ! Σ(゚д゚lll)

ほんっとに目の前1mのところでガンガン火柱上がるの!
熱いのはもちろんだけど、怖いよっΣ(゚∀゚;)
ヘドバンのタイミングで火柱上がったら絶対髪焦げる∑(≧△≦;)
って思ったもん(;´д`A゛

そんなわけで、文字通り熱い熱―い本編ラストでしたw

で、アンコールを呼んでると、なにやら効果音・・・?
あ、これ、バイクのイグゾーストノイズ?
・・・!!!!! キターーー⌒⌒⌒(~ _△_)~ギャハハ
KENTAROさんが日記で素材探してるっていってたSE、これかー!!!

あんなにKIBAさんが気に入ってるのに本編でやらなかったから、
絶対アンコールでやるに決まってると思ったんだ。
なるほど、最初からここに持ってくるつもりだったのねヾ( ̄w ̄* )
【ぶっちぎりクラッシュ!】o(≧▽≦o)(o≧▽≦)o

しかも出てきたメンバーがみんな特攻服ヾ(≧▽≦)ノ
そのうえKENTAROさんてばリーゼントっぽく髪をピンでとめてて、
それがもう、どうしてくれようかってくらいカッコ良かったの(*´д`*)ハゥ
今思い出すだけでもキュンキュンしすぎて心臓麻痺起こしそう(*´д`*)ホンモウ

で、KENTAROさんの特攻服は、左足のところに『??放斉 早々見参』
そして右腕のところには『初代特攻隊長』の文字。
うんうん、ぴったり(´艸`*)

あと、この日は虹遊のとき同様上手後方に女性コーラスが2人いたんだけど、
この曲で白い特攻服で出てきたルミコさん(ARESZ)が、
どっからどう見ても本物なのーーーーー⌒⌒⌒(~ _△_)~ギャハハ
『レディースの総長』というものを具現化したらこうなりました♪
にしか見えないのーーー⌒⌒⌒(~ _△_)~ギャハハ
だって手に持ってるのガーゴのタオル(ピンクの豹柄☆)なのに
竹刀にしか見えないんだもーーーーん⌒⌒⌒(~ _△_)~ギャハハ

あぁ、DVDで見るのが楽しみだヾ( ̄w ̄* )

アンコールの1回目と2回目は、KENTAROさんのギター、
通称『スイカ』だったよね。
で、たぶん2回目が終わってはけるとき
『スイカ』くん思いっきり放り投げたよねΣ(・ω・ノ)ノ
ひさしくんがめっちゃ焦って受け止めてたよw

3回目のアンコールは【極楽フルスロットル】
このときのギターは黒地に黒でつたが絡まってるような装飾
(っていうとなんかニュアンス違うなー)のヤツだったよね。

この曲でもイントロでいきなり  ば ん っ ! ! !
って、ステージ上空で破裂音。
盛大に火花が散ったんだけど、これもさっきの火柱同様、
近すぎてびびった~(;´д`A゛

でね、【極楽】の最後で俺様がベースのストラップ外しながら
上手に歩いてくるのが見えて、
おぉ~、楽器交換だ(´艸`*)と思ってみてたの。

俺様がいかにも俺様然とした感じで
『よこせ( `∀´)ノ』と言わんばかりにKENTAROさんに手を差し出し
ニコニコと素直にギターを渡して手ぶらになったKENTAROさん、
ベース受け取らずに上手煽りに出てきた⌒⌒⌒(~ _△_)~ギャハハ

ちょ、ちょ、俺様がローディー状態だからwwwww
謙太郎、なに自分一人身軽になってるのwwwwwwwww
ベ ー ス 受 け 取 り な さ い ⌒⌒⌒(~ _△_)~ギャハハ

まぁ1,2歩で気づいて『(^▽^;)ゞテヘ』って感じでベース受け取って、
そのままバズーカみたいにベース担いで上手を撃ち始めるKENTAROさんw
あたしさー、これ見るたびに、えんじぇるのばきゅーん☆の要領で
撃ち殺されたほうがいいのか本気で悩むんだけどwwwww

で、そのままバズーカ撃ちながら花道を進んでいくKENTAROさん。
花道に行っちゃうとほぼ後姿しか見えなくなっちゃうんだけど
正面からの画はDVDで見れるし、
なかなかライブ中のメンバーを後ろから見る機会もないからね。
貴重な光景として堪能しました(人´∀`)

【セトリ】
死に至る傷
ジェットタイガー
ZIPANG
HALLELUYAH

ナチュラル
月下濫觴
マグマキッド
真王

人の爲
あめえばらいふ
enigma
Super DOGMA

風の城
僕らはやがて水へとかえる
カタルシス
FIRE KING
完全な毒を要求する
メメント・モリ
死ぬこととみつけたり

ぶっちぎりクラッシュ!
HUNTING DAYS

DESTROY

極楽フルスロットル

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

2009/10/10 23:58 
GargoyleComment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。