スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

Let's Gargoylife!@名古屋ell.FITS ALL

この日のライブの演出についてはKIBAさんの「お口にチャック」発言により
詳細が書けないという非常にもどかしい心境な中、
帰阪中の電車で俺様の内部漏洩日記に出くわすという事態に遭遇しつつ(爆)

でも、私はやっぱりKIBAさんの言いつけを守って
ネタバレなしのレポに留めたいと思います。

もちろんネタバレ部分のレポもツアー終了後には
思い入れたーーーーーっぷり書き倒して公開しますけどもww

てかね、完全に吹き飛んだと思ってたMCの記憶が、
時間と共に意外としっかり復元されたので
これは書かねば!!とうずうずしてきたわけですよ(´艸`*)

あと、私の独断でネタバレに抵触しないと判断したものは
セトリもぜんぜん書きますので。

SEは今現在のやつ。
黒帯のときも思ったけど、
私、狂い咲き初日の金沢でこのSEのあまりのカッコ良さにシビレたのが
ガーゴファンになるきっかけの第一歩だったんだよね。
だからこのSE聴くとものすごいテンション上がるし、
いまだに毎回鳥肌が立つような感覚に襲われる。

衣装は、KATSUJIさんは狂い咲きツアーの時ので、
TOSHIさんとKIBAさんは『鬼傷天血』の『鬼』の時と同じやつ。
で、KENTAROさんは赤い軍服で髪つんつん跳ねさせてた♪

んもーぅ、めっちゃカッコ良かったよ(≧ω≦)
しかも今日は2列目やったから
ほんま堪能し尽くしたって感じ?www

で、しょっぱなから

極楽フルスロットル
脳内自殺
ジェットタイガー
HALLELUYAH

なんのお祭りですかwww

私さ、【極楽フルスロットル】大好きなの!
それがいきなり1曲目に来て、
しかも最後のギターソロで、KENTAROさんアドリブ弾いたよね?
それにまた感動して。

で、曲終わりでKIBAさんが腕をピシッと横に伸ばして
マイクをKENTAROさんに突き出した。
そのマイクを受け取ったKENTAROさんがセンターに来て、煽って、
そんで始まった2曲目が【脳内自殺】って!!

もうこの時点で名古屋来て良かったってもんですよ、私にはw

昨日のレア曲は【やがてひかる】と【発狂GAMER】かな。
あと私は【懊悩の獄】初めてライブで聴けた!

そしてKIBAさんが観客に「次の曲は新曲じゃないからね?」って言った後
メンバー一人ひとりの顔見回しながら
「新曲ちゃうよ?」って念押しして始まった【SATORI】

きゃぁぁぁぁぁーーーーーo(≧▽≦o)(o≧▽≦)o
聴きたかったんだよ、コレ!!
8月のワンマンで聴けなかったから、今回こそ聴きたいと思ってたんだよ!
イントロ始まった瞬間悲鳴上げたもん(> <)
うん、あれは歓声じゃなくて悲鳴w

【神風ギャング団】ではギターソロの最後でKIBAさんがヘドバンするじゃない?
私、あのきゃぴっとしたヘドバンすごい好きなんだけど、
昨日はそれを上手でやってくれたんだよ♪
なので真正面で堪能させていただきました(〃▽〃)

で、本編最後が【FIRE KING】だったんだけど、
これもほんと好きだわぁー。

イントロで拳上げる時点で理性なんか木っ端微塵だよね。
で、その後は怒涛のごとく狂ったようにヘドバンw
普段私はV字でしか振らないんだけど
この時ばかりは「むしろ腰折れ?w」ってくらいの
縦振りのヘドバンまでしちゃったもんね( ̄▽ ̄*)ゞ

ほんとどんだけ好きなんだか┐(´―`)┌

アンコールは3回

光の風
HUNTING DAYS

ときめき
真王

アイコノクラズム

【HUNTING DAYS】ではね、
最後の回のコーラス部分の♪・・・暴れん坊♪で
「ほらほら君らのことやで~~w」って感じに客を次々指さしてって
♪・・・舌を巻く♪のとこではって舌出してたKENTAROさんが
めっちゃ可愛くてかっこよかったの(´艸`*)

【ときめき】は最初曲振りも何もなく始まったんだけど
始まった途端演奏中断しちゃって。
どうしたのかと思ったら俺様はその場に崩れ落ちてるし
KIBAさんは「今のは僕じゃないよね!?」ってKENTAROさんに確認してるし
KENTAROさんはそんなKIBAさんにうんうんって大きく頷いて見せてるし。

はい、KATSUJIさんが曲間違えてドラムたたいてたwww

ってか私、こういう場面に遭遇したのって、もしや初めて?
わぁーーい\(⌒▽⌒)/

私ね、バトルのDVDで
【人の爲-B】のイントロでの前3人のリアクションがすごい好きなの。

あれも、ほんとは【BATTLE JUNKIE】のはずのところで、
KATSUJIさんが間違えてその次の【人の爲-B】を先にやっちゃったんだよねw
その瞬間あとの3人が顔見合わせて
「ちょwww KATSUJIやりおった!!」
って顔してるのがおかしくて、楽しくて、大好きなんだ♪

だから昨日の曲間違いも、
KATSUJIさんには申し訳ないけどめっちゃ嬉しかった(´艸`*)

【MC】
【HALLELUYAH】後の最初のMCで
牙「いやー、やっぱりワンマンはいいね。
  次の曲は・・・とか説明しなくても分かってくれるからね」

牙「去年はアルバム発売ツアーやったし、今年もバトルのツアーがあったり、
  そういうのは“このアルバム聴いていけばいいんだなー”
  ってのがあるから分かりやすいけど、今日は普通のワンマンなんで」
客「(“普通の”ワンマンてw)」
牙「ただのワンマンなんで。
  でも!ただのワンマンだからって気を抜くな!!
  こういうなんの縛りもないライブが一番怖いからね、Gargoyleは。
  何の縛りもないってことは何してもいいってことだから
  途中、KATSUJI君が半裸で出てきたり
  KENTARO君が得意の逆立ちでの腹芸を披露したり (←ちょwww)
  TOSHI君のバク宙が飛び出したり(頷く俺様w)
  僕らいつも楽屋ではそんな感じなんですよ?
  まぁ今日はGargoyleがやりたいことを好き勝手やったらこうなるぞ
  っていうライブになると思います」

そうですね(-ω-;)
まさかこの言葉をあんな形で痛感することになろうとは・・・ <内緒の演出

一昨日が黒帯ロッカーズのツアーファイナルで、
ハコで黒帯のリハを終えたあと、スタジオに移動して昨日のリハをしたそうな。
謙「めっちゃ練習熱心なバンドになってたよねw」

で、昨日は早朝から東京→名古屋の移動。

牙「今朝、7時半くらいかな?(KENTAROさんに確認)
  みんなの家回って、僕がたぶん最後だったんだけど
  7時半くらいに出発して、すごい渋滞でねー。
  世間では3連休なの?(またもKENTAROさんに確認)」
謙「(しょにち)」(←なぜか口パク 直後の咳払いの方が声出てた(爆))
牙「初日なんだ。すごい混んでてねー、名古屋はこんなに遠いか!と。
  でもこうして無事到着して、みんなに逢えて嬉しいです!
  ありがとーー!!」

そしておもむろにKENTAROさんに向かって
牙「Gargoylife??」

ちょ、何その問いかけ⌒⌒⌒(~ _△_)~ギャハハ
KENTAROさんも一瞬きょとんとして反応に困ってたし(笑)
なのに、さらに

牙「Please speak! しゃべってよ?」

というわけで、KENTAROさんからメンバーMCスタート。
KENTAROさんはまず、普通に観客を煽った後・・・

謙「今日は朝早くから(ハンドル握るポーズしながら)ぶぅ ぶぅ・・・で、
  ・・・・・・ごめん、今“車”って言葉が出てこんかった(苦笑)」

ち ょ w w w w w w w w w w w w w
ぃや、あの・・・、
ぇ え え ぇ え ぇ ぇ ぇ ぇ ぇ ぇ え ! ?(爆)

待って! ないから!!
いくらなんでもそれはないから⌒⌒⌒(~ _△_)~ギャハハ
しかもこのとき私の脳裏をよぎった突っ込みもまた酷くて
『ちょ、KENTAROさん、えんじぇるちゃうんやから!』

なんで比較対象がえんじぇる(爆)
しかもえんじぇるならこの発言ありってことかw
・・・・・・ありやなぁ(真顔)

ていうかねぇ、KATSUJIさんのことを
『Gargoyleの最終兵器』とか言うてる場合ちゃうよねぇ、コレ。
この発言でなら十分KATSUJIさんと互角に戦えるもん!

謙「あの、寝不足で言葉をつかさどる部分の脳は止まりかけてるけど、
  ライブを楽しもうって脳はめっちゃ活発に動いてるから!
  思いっきり楽しんでいこうぜぇーーー!!」

あーーーー、可愛かったぁ( ̄◇ ̄*)
爆笑しながら心底惚れ直したもん(←
演奏中のカッコ良さとこの可愛さのギャップが
ほんまたまらんよね、KENTAROさんは(人´∀`)

お次、俺様。
やっぱり最初は会場煽るとこからやけど、どうも反応が微妙。
そしたら・・・

敏「なんや、この地底人が!」

ち、ちていじん?(; ̄▽ ̄A

敏「最初名古屋来たとき、地上に人おらんくてびっくりしてん。
  そしたら、地下街がすごいからみんな地下におるんやな」

あ、あぁ、それで地底人だったんだ(-ω-;)

敏「それから何度も名古屋来てるけど、いろんなとこでやったよね。
  クアトロでやってたこともあるし・・」
牙「あぁ~、やってたねぇ~」
敏「ハートランドとか・・」
牙「あったねぇ~」
敏「ミュージックファームとか。・・・ミュージックファームってまだあんの?」
勝「ちょっと、失礼な!」
敏「ん?えぇねん、えぇねん、ミュージックファームは。
  もう二度と出ぇへんから!」

ちょ、こらwww

敏「まぁ最近はずっとELLにお世話になって・・・
  ここ見やすいでしょ?ステージも高いし。
  音も良い・・・はず。俺らはそっちで聴いたことないからね。
  良いと信じてやってるんやけど」
 「ここのとこ名古屋はめっちゃ熱いというか、盛り上がって良い感じやね。
  まぁ、これまでが大したことなかったってのも・・」
客「えぇーーー(-з-)」
敏「いや、大したことなかった」
客「えぇーーーーっ)`з´(」
敏「大したことなかった!
  だから今日は、これまでで一番の盛り上がりでいこうぜぇーー!」

で、この後、たぶん俺様は
「Gargoylife!」ってレスポンスを返してほしかったんやろうねぇ。
「Let’s enjoy!」って投げかけたんやけど、レスが返らんくて、
結局Gargoylifeまで自分で言ってた(-ω-;)

ていうか俺様のMCって、声出していいものやら悪いものやら
判断に迷うこと多いんやけど、私。
みんなもそんな感じで遠慮してるからなのか、
いまいちレスが返りきらん状況に、俺様、

敏「なんやねん、しゃきっとせぇや!あんだけ頭振ってんねんから!
  よぅ見えてんねんで?
  言うとくけど自分ら物凄い顔してるからな?
  一回カメラこっち持ってきたろか?(ビデオカメラ構えるポーズしながら)
  “お願いやからやめてください!”とか“肖像権の問題が・・・”とか・・」
牙「“事務所通してください!”みたいな?w」
敏「・・ってなっても(映像)出すからな!」

えーとですね。
ライブ終盤、リミッター崩壊後ヘドバンし倒してるときに
この俺様の発言がちらちらと脳裏によみがえり、
そのたびにヘドバンのテンポが狂ったり
フォームが崩れるという事態に陥りました(爆)

だってヘドバンしてても視界には常にステージ入ってるから
KENTAROさんが前出てきてるとか、そういうのは分かるやん。
で、そんなときにこの「すごい顔してんで?」発言思い出してみ?
そりゃー乙女心は揺らぐってもんでしょ?(←←←
でもって意識がそれるとヘドバンも崩れるわけよね。

や、もちろん本編から振りまくってたから
終盤には首の筋力も限界やったってのはあるけどさー。
でも絶対3割は俺様のせいやと思う(-з-)

さて、真打登場。
お待ちかねのKATSUJIさんですが、
相変わらず記憶に留められないKATSUJIワールド全開でした。

勝「ワンマンやとこのおっきい太鼓をメンバーが運んでくれるんですよ♪
  (3人の視線に気づき)あ、ありがとうございます!
  なので今日はいつもより多めに叩かせてもらってます!」
 「まだここから最後まであるけど、
  みんな好きなように楽しんでください。
  僕らは僕らで好き勝手やりますんで!
  ・・・あ、それはあかんか(; ̄▽ ̄A」

あと、このメンバーMCは
KIBAさんの「Gargoylife??」って問いかけから始まってたから、
そのネタつながりで

勝「桐田 Gargoyle 勝治 みたいなw」
客「おぉ~」
勝「ん?ちゃうな・・」
客「(ちゃうんかい!)」
勝「あ、ちゃうことはないか・・・」
客「(どっちや!!w)」

で、中盤、発言が記憶に留まらなかった部分にて。
KATSUJIさんが何か一言言うたびに
KIBAさんが「大丈夫??」って覗き込み、
大丈夫って答えてるのに俺様が「寝不足?」って畳み掛けるというやり取りが
3回くらい繰り返されてた(笑)

あと、これはここじゃないんやけど、
KATSUJIさんが曲間違いをしでかした2回目のアンコールが終わった後。

曲が終わるなりそそくさとドラムセットを出て
上手のマイクに一言「ありがとー!!」って叫んで
あっという間にはけていったKATSUJIさんw
と、そんなKATSUJIさんをニヤニヤと見送るあとの3人www

KENTAROさんと俺様もはけた後、最後にKIBAさんが
牙「早く楽屋戻ってKATSUJIがどんな顔してるか見たくてしゃーないw」

もぉ~、みんなKATSUJIさん好きすぎやからヾ( ̄w ̄ )

でもね、そんなKATSUJIワールド全開な中、

勝「思う存分叩きまくれるから、やっぱりワンマンはいいねぇ~」

KATSUJIさんがしみじみ言ったこの一言が、私はすごい嬉しかった。
あれだけ激しくて速い曲ばっかり叩き続けてても、
KATSUJIさんの中ではしんどいよりも楽しいが断然勝ってるんや、って。

それだけドラムが好きで、ガーゴが好きで、
ガーゴでドラム叩いてるのが楽しいっていうのがすごい伝わってきて
そりゃーそんな人の演奏聴いてれば
こっちまで楽しくなるの当たり前やんね。

あー、ガーゴのライブがこんなに楽しいのは
誰よりもまず本人たちがライブを心底楽しんでるからやねんなーって。
演るのが楽しいって思って演ってる人の音っていうのは
こんなにも聴いてる人を楽しく、幸せにするもんなんやなーって。

そういうことを、理屈じゃなしに
肌で体でひしひしと実感できたのよね。

だから、うん
昨日の『内緒の演出』は確かに嬉しかったし、
個人的な思い入れもあってほんまに感動してんけど。

でも、もしあの演出がなかったとしても、
やっぱりこの言葉は出てきたんちゃうんかなと思うのよ。
『一生ガーゴについて行きます!』

最後に。

3回目のアンコール終わって、一番最後に(やったと思う)
KIBAさんが言った言葉。

「楽しいとか嬉しいとか幸せとかっていうこと以上に
 生きてく上で大切なことってないんじゃないかと思うんで、
 これからも一緒に楽しい時間を過ごしていけたらなと思います。
 ありがとうございました!!」

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

2008/11/01 23:59 
GargoyleComment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。