スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

CHAIN the ROCK FESTIVAL10/08/29(KING編)

客電が落ちるより先にSEが鳴り始めて、
どよめきとともに客電が落ちて、幕が開いて・・・
あぁぁ、久しぶりのKING、テンション上がる(≧ω≦)

1曲目の【CannonBall】でCITTAの高いステージの上のRYOさんを見上げてたら
なんか、わけもなく目頭が熱くなった。

ほんと、自分でもなんでかわからないけど。
出会った頃から変わらない熱くてひたむきで真っ直ぐな姿が
やっぱりこの日もそこにあって
ここにもひとつ、還ってこれる場所があるんだと思えたことが
嬉しかったんかなぁ。

初めてKINGを見たのがなんばHatchというおっきなハコで、
CITTAの広いステージが、その時のことを思い出させたんかもなぁ。

「拳を上げろぉーーー!」
って煽りで始まった2曲目、
イントロなった瞬間本気で悲鳴を上げてた。
だって、【TEN-ROU】!!!

まさにさっき書いたなんばHatchでの初KINGのときにも聴いた曲。
大好きなのに最近聴けてなかった曲。
うきゃー嬉しいヾ(≧▽≦)ノ

間近にRYOさん見ながらの♪君が欲しくて♪に悶えまくったせいか
次の曲の記憶がない( ̄▽ ̄;)ゞ

で、次は絶対聴きたいと思ってた【透明人間】
これは去年、ガクライブの直前に城天で聴いた思い出の曲♪
やっぱ好きーーーo(≧▽≦o)(o≧▽≦)o

次の曲フリ、横移動があるっぽいことを言ったから
【HA・RA・KI・RI】かなーと思ったら、【Hyper Love】
なにげに初めて聴くよ。

そして
RYO「【透明人間】で掴んだみんなの心が今の曲でちょっと離れた気がするけど、
   次はもっと離れる曲をやります!
   でもしゃーない!
   次の曲が無理ならKING無理やもん( ̄^ ̄)」

この『無理やもん( ̄^ ̄)』の語尾がやけに可愛くて
『無理じゃないもんKING大好きだもーんヾ(≧▽≦)ノ』
とさらにテンション上がって【火の玉ファイヤーボーイ】

長丁場ライブのしょっぱなだというのに
すでに汗だくになるくらい全力で暴れてKING終了。

MCは、ね、終始↑こんな調子で浮かれてたんで覚えてない(/∀\;)
でも、最後に今度ここでワンマンやります!って告知。

RYO「(ここまでに売れてる)チケット150枚!
   引くやろ!?俺も引いてるもん!
   でも、最初から無理は承知で決めたことやから。
   今日これ見て、ちょっとでも良いなって思った人はぜひ来てください。
   絶 対 後 悔 は さ せ へ ん か ら ! 」

心底RYOさんをかっこいいと思った。
この人について行って後悔することなんて、
きっと本当にないんだろうなって、すごくすんなりと思えたの。

残念ながら私はCITTAワンマンには行けないけど
当日、魂だけは全力でCITTAに飛ばすから。

KINGにはこれからもずっとこのまま走り続けて欲しいなぁ。

【セトリ】
CannonBall
TEN-ROU
KING WAY
透明人間
HYPER LOVE
火の玉ファイヤーボーイ

【後日談】
この日無料配布されたDVDを見ていて思った。
KINGって、私が好きなバンドたちの中で
一番(っていうかむしろ唯一?)
普通の(っていうのも変だけど)ロックをやってるよなぁって。

私は、自分の音楽的ルーツはロックだと思ってるから
(邦楽ならB'z、洋楽ならBON JOVIが私の原点)
そりゃあ好みなわけだって話なんだけど。

それ以上に。

RYOさんの歌を聴くと、懐かしい何かを呼び覚まされるような感じがするの。

今はもう胸の奥にしまいこんでしまったけれど、
かつて心から大切で愛おしいと思った“何か”
どんなに願っても戻れないあの頃
色褪せないままの原風景

そんな“何か”を揺り起こされるような、
ひどく懐かしくて、どうしようもないほど切ない感覚。

あぁ、CITTAでRYOさんの声を聴いて泣きそうになったのは
このせいだなぁって。

私がこんなにKINGに惹かれるのも、
このまま変わることなく走り続けて欲しいと願うのも
きっとこのせいなんだなぁ。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

2010/08/29 23:51 
MusicComment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。