スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

メジャーなんてくそくらえ!

タイトル、言葉が汚くてすみませんね。
(本題に入ったら謝るタイミングないと思うので先に言っておく)

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

彩冷えるというバンド、
私は何度か対バンで見たことがあるだけで、
特別ファンってわけじゃないけど、
でも、かなり好感を持ってみてるバンドだった。

だから、ボーカルを1人残してメンバー4人が脱退って聞いたときも
かなりショックで、思うところもいろいろあったんだけど。
ただ、ファンとも呼べないようなあたしが
あれこれ言うのもどうなのかなって、発言は控えたの。

でも、今日。

脱退した4人の新バンド名が『AYABIE』だと知って
なんかもう、ほとほとやりきれなくて。

どうにも言わずに入られなくなったのが、
タイトルの叫びなんだけども。

はっきり言って私は、
『V系インディーズバンドのメジャーデビュー』
というものが大っ嫌いだ。

なんていうか、トラウマのようなものだと思う。
これは別に私が隊員で、
去年の戦隊のことがあったからっていうんじゃなくて。

もっと昔。
90年代後半のヴィジュアル系ブームの頃に端を発する
けっこう根深いもの。

当時『インディーズ界最後の大物!』とかいう触れ込みで
鳴り物入りでメジャーデビューするバンドがけっこういて。
でも、そのどれも、あっという間に名前を聞かなくなった。

当時の私はV系ファンではなかったし、
V系専門誌はおろか、音楽情報誌さえ買わない、
ファッション誌の芸能ページと目覚ましテレビの芸能コーナー、
そしてゴールデンタイムの音楽番組が情報源、みたいな感じで。
だからかえって、
突然現れては消えていくバンドの儚さが印象に残ったのかもしれない。

『最初はもの珍しくて注目されるけど、
 すぐに飽きて見向きもされなくなる』
『もてはやされるのなんて最初だけ』

ものすごーく言葉は悪いけど
『何回かヤッて適当に遊んで飽きたら捨てられる』
V系バンドのメジャーデビューには
そういうイメージが刷り込まれてしまっているんだよね。

それに当時ってミリオンヒットが続出してた
“CDが売れていた”時代。

レコード会社にしてみれば、
たとえ一発屋でも売れてくれれば儲けもんwみたいなとこあったと思うの。
その最初の一発にかけて、メジャーに引っ張り出してくる、みたいな。

うん、だから、
私にとって『メジャーデビュー』って、
どこを切っても『使い捨て』感しか見えないんだな。

最初は甘い言葉で言い寄って、
適当に弄んで、搾り取って、簡単に捨てる。
あとに残るのは、捨てられたものの傷跡だけ。
そういうイメージ。

そして、時は流れて、戦隊。
ツアーファイナルでワールドデビューが発表されて、
参戦してたお友達がメールでそれを知らせてくれて、
読んだ瞬間。
そう、ほんとに、瞬間。
絶望と落胆しかなかった。

あたしの大切な戦隊まで、メジャーの餌食になる。
メジャーのおもちゃにされる。
やめて、そっとしといて、あたしの戦隊に触らないで
余計なことして壊さないで。

それでなくてもあの頃は事務所のせいで
やりたいことが思うようにやれてなくて。
戦隊がやりたいことと、隊員が望んでいることと、事務所がやれということと、
その三者の板挟みで、戦隊がいつか押しつぶされてしまわないかと怖かったのに。

メジャーに行ったら、もっと周りからの口出しが増える。
制約が増える。
誰かの作った枠にはめられるのなんて、
一番似合わない人たちなのに。

それでも。
必死に納得してるフリをした。
必死に喜んでるフリをした。
『ワールドデビュー』という言葉の先に、
明るい未来なんてこれっぽっちも思い描けないまま。

でも、結局、その結果がアレやん?

『ほら、やっぱり、メジャーなんか行ったってろくなことがない』

そして、話は彩冷えるに戻ってくるんだけど。
私にとって彩冷えるは、メジャーに行った最近のバンドの中で、
数少ない成功者だった。

周りに歯車を狂わされることもなく、
やりたいことを、着実に形にしていってる。
私の目にはそう見えてた。

同じメジャーデビューで、何でこんなにも違うんだろうって、
妬ましく思ったことも数え切れないほどある。

この先もずっと、妬ませて欲しかった。
ずっとあの5人の彩冷えるでいて欲しかった。
彼らと彼らのファンに、こんな思いして欲しくなかった。

もうね、バンドを好きな人たちが傷つくとこなんて見たくないよ。
これ以上事務所やレコード会社に、バンドをおもちゃにしないで欲しい。
売れるバンドが欲しいならいちから作ればいいじゃない。
今あるバンドを売れるバンドに作り変えようとか、
そういう歪んだ目でバンドを見ないでほしい。
そのバンドの個性を、やりたいことを、届けたい想いを、
そのまま大きくしてやろうって気がないなら、
バンドに関わってこないで。手を出さないで。そっとしといて。

あたしたちの大切なものを、もうこれ以上壊さないで。

関連記事
スポンサーサイト

2010/09/18 00:09 
MusicComment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。