スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

横金祭~ご無沙汰編~@心斎橋SHRIMP(前編)

この日は2列目ドセンという、なかなかの好位置を得てのスタート。

最初はOAで知[とも]さんという方。
最後のセッションに出てきたときに気づいたんだけど、
この人、SHRIMPでスタッフさんしてない?

普段はバンドでやってらっしゃるそうなんだけど、
この日はソロでアコギの弾き語り。
なんかね、歌詞の世界観がどうにもネガティブな匂いがして
そのネガティブさが意外と私好みだったりするw

で、OAだからとさくっと3曲+告知MC。
このライブの次の日曜に、同じくこのSHRIMPで
バースデーイベントがあるとのことだったんだけど、

知「みなさん(女性だから?)ご存じないかもしれないんですけど、
  エヴァンゲリオンをネタにしててですね、
  『知・新生』とか、『3rdインパクト』とかいって、
  BGMも全部エヴァでやるつもりなんで、
  もしよかったら是非来てください」

ちょ、こんなところにお仲間がいましたよ、KIBAさん! ←

あと、楽屋がみんな仲のいいメンツばっかりなので
裏はもうすっかりみんな出来上がってて、焼酎勧められたり・・・って話が出て。
CUTTさんに殴られたところが痛くて・・・とかねw

この辺、ライブ・ア・ラ・モードにも通じることなんだけど、
基本仲のいいメンツばっかでやってるイベントだから
雰囲気がいいのはもちろん伝わってくるんだけど、
それを必要以上にステージに持ち込まないというか、
絶対ステージがダレないのはさすがだよね。

☆天王寺アキラ
登場SEが、【Rusty Nail】
もうねー、この時点で笑いを禁じ得んでしょw

で、出てきた2人。
ごめん、私全く存じ上げなかったんだけど、
電脳オブラアトのボーカルさんとギターさんなのね。

『電脳オブラアト』って名前はもちろん聞いたことあったんだけど、
ほんっとに名前しか知らなかったからさ。
しかも加藤君、そこらの大学生かと思うようなカッコしてるのに、
CUTT君を君付けで呼ぶもんだから、聞いててびっくりしたのよ、
『え、この人たちいくつ?』って(爆)

あと、トモロウさんってヒサシ君系だよね
(←華奢でぱっと見女の子みたいなシルエット)

そんな2人、この日のライブに向けて、もちろんリハをやったんだけど

加「スタジオっていったって自宅ですよ。
  所詮 集 合 住 宅 ですよ。
  当然本気でなんか声出せないじゃないですか。
  今日ここにきてリハーサルで歌ってるの聞いて
  『声でかっ!Σ(・∀・ノ)ノ』って」

で、結局前日はリハのあと2時まで飲んでて、

トモ「おかげで今日ぜんぜん声出ない。
   やっぱ吐いたらノドやられるねー」

ぅおぉーーーい!
仮にもボーカリストがライブ前日に吐くまで飲むなー(; ̄▽ ̄)シ
・・・『仮にも』って失礼だな、あたし(; ̄▽ ̄A

一方の加藤君は、ギターのことあんまりわかんないから・・・って(←)
譜面台に楽譜と一緒においてたのが

『焦らずあわてずゆっくりと ( ´д`)』

と書かれた紙wwwww
これ、ちゃんと加藤君の似顔絵入りw
しかも似てるの⌒⌒⌒(~_△_)~ギャハハ

で、電脳って以前ファーストセル所属・・・だったんだよね?
そんなわけで、かつてレコーディングの時に、
KENTAROさんにギターのディレクションをしてもらったことがあるそうで。

加「やり直させるときとか、別にそんなのこっちは何回でもやるんだけど
  すごく申し訳なさそうに「もう1回(;´人`)」って言ってくれるんだよね」
トモ「それに比べてTOSHIさんは容赦なかったよね」

これ聞いて、もちろんガーゴイラー一同大爆笑w

トモ「レコーディングの時のTOSHIさんの口癖、『ないな( -д-)』だったもんね。
   100回か200回くらい言われてたんじゃない?」

( ;∀;)シ( ;∀;)シ( ;∀;)シ
その光景、めっちゃ目に浮かぶーーーwww

あと、これはどういう流れだっけなー。

トモ「このあとはCUTT君とKENTAROさんのSIDE GOLDが・・・」
加「え?」
トモ「や、だから、CUTT君とKENTAROさんのSIDE GOLD・・・」
加「いや、CUTT君はSIDE GOLDじゃないよ?
  SIDE GOLDはKENTAROさんと(たっぷん)」
トモ「分かってるよ?」
加「え?だって今の言い方、
  CUTT君とKENTAROさんの2人でSIDE GOLDみたいだったよ?」

うん、確かに私もこれは聞いてて判断に迷ったw

トモ「ってかSIDE GOLDってさ、みなさん『横金』って呼ぶの?」

・・・まぁ、その方が呼びやすいし、ねぇ?

トモ「『横金』ってなんか卑猥な響きしない?」

ちょwwwwwww

加「お前、あんなキラキラしたKENTAROさんに向かってなんてこと言うんだよ!
  普通あんなキラキラした人って、実際は腹黒いもんだけど・・・」

wwwwww( ;∀;)シ
や、確かに王子も時々プチブラック降臨するけどねw
いったいKENTAROさんのどんなブラックさを暴露してくれるんだろうと
会場が期待にニソニソ(・∀・)してると・・・

加「いや、違うって!Σ(≧△≦;)
  KENTAROさんはほんっとにキラキラしてるんだって!」

あ、そう続くのかw
まぁね、あの年であのキラキラさ加減は、
上辺だけで出せるもんじゃないわなぁヾ( ̄w ̄* )

トモ「あと、みなさん今座ってるけど、
   SIDE GOLDの時ってどうやって聴いてるの?

   ・・・あんなノリのいい曲じっと座って聴いてるの!?
   この 不 届 き 者 っ ! ! ! 」

Σ(゚∀゚;)
や、だってあれ、アコースティックだもん!
いくらガーゴイラーでもあれでヘドバンはできないもんっ( ;∀;)シ

で、これはどの曲の前だったか、
ギターのチューニングを変えるのに手間取ってて。

加「ギターの音がクソでさぁ┐( -д-)┌
  27,000円の安物のギターだから
  ・・・って借り物に文句つけるんだけど(-ω-;)
  あ、さっきKENTAROさんにね、
  『KENTAROさんのギターっていくらですか?』って聞いたら
   1 7 万 だって!Σ(○△○;)」

って加藤君がさんざんぐちぐち言ってると・・・

トモ「巧いギタリストは機材にはこだわらんっ( `д´)シ」

一 喝 w

トモ「17万とかいって、ほんとはそこらの中古市で
   2,000円とかかもしれないし」
加「“GIBSON”じゃなくて“GIBSAN”だったりして?w
  でもKENTAROさんのあのキラキラ具合なら、
  AもOに見えるってもんだよねwww」

ちょっとまって、KENTAROさんのキラキラっぷりって、
いったいどんだけ威力あんのwwwwww

ってかこの日はこの後も、みんなKENTAROさんのこと
『キラキラ』って褒めそやしまくりw
KENTAROさんってガーゴでは最年少だし、
末っ子キャラで年上から可愛がられるイメージはずっとあったけどけど
こうしてみるとなんていうか、
年齢関係なしに天性の愛されキャラ、慕われキャラなんだよね。

で、ライブレポなのにここまで全く曲に触れてなかったことに気づいたので、
今更感たっぷりだけども曲について軽く(←軽くかよ)

2曲目がね、ニコ動が元ネタらしい曲で。
私は元歌が全くわからないんだけど、デュエット曲なんかな?
トモロウ君が1人2役で女性パートをファルセットで歌ってて
後述するCUTT君のファルセットとは違って、
ちょっとハスキーで切なげな声がすごくよかった。

【セトリ】
傘がない/井上陽水
?/ニコ動より
SO YOUNG/THE YELLOW MONKEY
初恋/福山雅治


☆CUTT
CUTT君前の転換の時に、
私の前の席の人がドリンク買いに行ったかお手洗い行ったかで、
戻ってこないままCUTT君が始まっちゃったのね。
図らずも私、CUTT君真正面最前になっちゃったんですけどΣ(゚∀゚;)

うっわー、これアコースティックライブで良かったー(;´д`A゛
曲知らなくてもノリ分からなくてもバレないもんね ←

で、出てくるなり最初の言葉が

「心と体は不思議な関係にあるもので、
 みんな、盛り上がってるから手拍子とかが出てくるものと思ってるでしょ?
 でも逆で、手拍子とかすれば自然と気持ちも盛り上がっていくんだよ。
 というわけで、1曲目から手拍子を強制していきたいと思います(・∀・)b」

ヾ( ̄w ̄* )
なんか、すごくCUTT君らしいと思ったw
や、らしいのらしくないのっていえるほどCUTT君のこと知ってるわけじゃないけどさ。

でね、CUTT君の曲の歌詞を聴いてて、
『あ~、そりゃKIBAさんと仲良くなれるはずだ( ´д`)』
ってすごく納得した。

なんていうんだろう、すごくね、歌詞が持つ匂いというか、空気というか、
そういうのが、似てる気がするんだよね、KIBAさんと。
同じものを見て、同じところに引っかかる、そんな感性の持ち主同士というか。
そしてそれを“表現”せずにはいられない種類の人間ってとこも、
きっと同じなんだろうな。

ただ、KIBAさんはそれを主観のまま歌詞にしてる気がするのに対して、
CUTT君はいったん自分の中から取りだして、客観から歌詞にしてる気がするけどね。

そんなことを考えながら3曲目まで終わって、
次は、最近マイブームなバンドの曲を、と。

「さっきの2人が出てくるときも流れてたけどねー」

え、それって、Xやるってこと?

「集中しないと歌えない曲だから・・・
  俺 は T O S H I !
 大丈夫、身長ならいい勝負してる(・`∀・)b」

ちょwwwww

そんなわけで、照明の力も借りて、意識を集中して、
始まったのは【ENDLESS RAIN】

あのね、CUTT君の力量を持ってすれば、
そりゃー聴きごたえなんて十分すぎるくらいあるわけよ。
サビのファルセットがまた綺麗でね。
ほんと聴き入ったというか、聴き惚れたというか。
やっぱほんとにうまいよなぁ、CUTT君は。

あと、1回目のMCのときに、

CUTT「告知もあるんだけど、今はそれを言うタイミングじゃないと思うので、
   次のMCの時に言おうと思うんだけど、
   最前の人、もし僕が告知忘れて帰りそうになったら、教えてね!」

それとこれは自己紹介の流れだったと思うけど、

CUTT「トモロウ君が前のバンドで一緒にやってたTAKEYAが
   今やってるバンドの人って言ってわかる人もいるだろうし、
   ここ(=SHRIMP)の前身・・・って言っていいのかな?
   BAHAMAってライブハウスに出てた人って言ってわかる人もいるだろうし・・・」

BAHAMAといえばGargoyleを生んだライブハウスだけども。
私はBAHAMAって名前しか知らなくて
(だってガーゴのファンになった時にはもうなくなってたし)
BAHAMAとSHRIMPってそういう関係なの?
って、これ聞いてけっこうびっくりしたんだよねー。

で、最後の曲でもまた手拍子を強制しw
最後に告知だっけな?
近々のライブの予定と、それをUSTREAMで配信しますってのと、
あと、物販にフライヤーが間に合わなかったので、
名刺作って持ってきたんでよかったらもらってくださいとw
フライヤーの代わりに名刺作ってくるアーティストもなかなかおらんよなw

【セトリ】

THINK
ANOTHER
ENDLESS RAIN(X Japan)

タイムマシーン

・;*:・・:*:・・;*:・・:*:・・;*:・・:*:・

以降は後編に続きます。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

2010/05/13 23:58 
GargoyleComment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。