スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

ルカ:Key Person

ルカ。
ムンチャで豊悦がやった役。
彼に関しては、ムンチャの直後から、
少しずつ色んな推理・憶測・分析が蓄積されてるので、
ここで一気にご紹介。

私がルカの存在に注目し始めたきっかけは、
rainのこの歌詞が引き金だった。
『安らぎに溢れた貴方の名前を』
貴方って誰だ?って思ったとき、
ふとキリストの12人の使徒の中にルカっていたはずだと思い出して。
辞書を調べてみたらやっぱりいた。
ルカの名前は、キリストの使徒から取ったのかな、と思うようになって。
そう思えば『安らぎに溢れた名前』の説明もつく気がしたから。

月日は流れ、DIABOLOS発売に伴うインタビュー。
ガクちゃんの口から『13人の使徒』って言葉が出た。
これを読んだ瞬間、「やっぱり!」と思って興奮した。

DIABOLOSの歌詞カード。届愛のページ。
あのページのガクちゃんを見て、瞬時に「ルカだ!」と思った私。
背景に映る高層ビルは、明らかに近現代のもの。ムンチャに近い時間軸。
それが中世ヨーロッパを舞台とするDIABOLOSに収録されているという事は・・・?
「DIABOLOS」と「MOON」はルカで繋がるんだ。そう思った。
DIABOLOSの物語は1600年から1700年。ルカが死んだのは2000年。
短くて300年、長くて400年。
ヴァンパイアの命としては妥当な数字だろうと思う。
そんなわけで、ルカが生まれたのは、DIABOLOSの時代なのかも、という予測が生まれた。

12月8日・大阪城ホール。私のDIABOLOSツアー初参戦。
ツアーパンフを読んで、ガクちゃんが雑誌で語っていた言葉の意味がようやく理解った。
「13人の使徒のうちの5人と1人をやる」
なんで6人って言わず、5人と1人って言うんだろう?って思ってた。
でも、ガクちゃんが演じてる戦士と、白いコートの人物は別人なわけね。
そして、永遠を背負ったままただ一人生き残った白いコートの人物がルカだとしたら・・・?

その後ルカは各地を転々とさまよい、ケイと出会い、
物語はMOONへ、MOON CHILDへと繋がっていく・・・。
あくまで私の想像だけど、つじつまは合うよね?

そして私には、
REDEMPTIONは、一人残されたルカが戦いに身を投じる、始まりの歌に聴こえるの。

そういえば、REDEMPTIONって「贖罪」ってみんな訳してるけど。確かにそうなんだけど。
私の使っている辞書にはこう書かれている。
「(キリストの犠牲による)人間の罪のあがない」
危うく忘れる所だったけど、私はこれを読んで一層、
ルカの名前はキリストの使徒から取ったんだっていう思いを強くしたんだった。

関連記事
スポンサーサイト

2006/01/25 16:14 
ANALYZEComment(4)Trackback(0) | Top ▲

コメント


うわぁ。璃羽さんの考察凄い~v
うきうきしました(笑)
私もルカは1600年代に永遠の生を背負わされたんだと思います。
ムンチャの写真展@大阪ドームで、パネルに「400年ぶりの海」と書いていたのでおそらく間違いないかと。


No:190 2006/01/25 20:33 | 深伽 URL[ 編集 ]


深伽ちゃん♪

私、ムンチャの写真展って行けなかったんだけど、
そうなの!?
うわ~、今鳥肌たった(笑

ガクちゃんの曲の分析って、
難しいんだけどクセになるんだよね。
点と点が繋がった瞬間のゾクゾクがw


No:191 2006/01/25 20:49 | 璃羽 URL編集 ]


はじめまして。

某所から飛んで来ました。
私も璃羽さんと同じ結論に辿りついてまして、仮説を確信してしまったので記念に足跡残します。
実は仮説のまま終えたかったものなので、心境は複雑なんですが解釈が正しかったのかな?と思うのは嬉しいので更に複雑です(笑)

チラッと記事読みましたが面白いです。
これからも頑張って下さいませ!


No:192 2006/01/26 13:35 | 狂 URL編集 ]


狂さん♪

はじめまして。
コメントありがとうございます♪

・・・すみません。胸にしまっておけないヤツで(苦笑
今日uvを買ってきて、
頭の中がぐちゃぐちゃになりつつあります。
当分は、分析モードから抜け出せそうにありません(; ̄▽ ̄A


No:193 2006/01/26 19:36 | 璃羽 URL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。