スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

東北地方太平洋沖地震の被害に遭われた方々、
心よりお見舞い申し上げます。

地震が起きたとき、私は兵庫県南東部の職場でいつものようにPCに向かっていて。

私はもともと貧血でよく立ちくらみとかめまいとかするので、
自分がぐわんぐわんしてるだけかと思ったら、
「地震!?」って周りが言い出して、
それからかなり長いこと横揺れが続いた。

関西でこれだけ揺れるんだから、
震源は近く、少なくとも関西・中四国・東海あたりだろうと思ったのに、
まったく予想もしなかった宮城県沖。

え、東北が震源で、関西がこれだけ揺れて、
じゃあ、震源近くはどうなってるの・・・?

直後から、東京のオフィスに電話が通じなくなって、
サーバーが落ちたらしくメールも無理で。

でも職場では詳細な情報はいってこないし、
なんせ関西はなんともないので定時までいつも通り業務をこなし。

帰り道、ケータイからネット見て事態の大きさに愕然。

私、東北には親戚や友人知人はいなくて、
関東甲信越の友人たちもみんな無事そうでほっとしたり、
そんな中ある友人が人を送るのに車出すっていってて
『災害直後に車出すバカがいるかぼけーっ!!!』
ってケータイのこっちで(滝汗)してみたり・・・

地震が起きた時点で道路上に出てる車だけでも、
交通が麻痺して渋滞起こして緊急車両を足止めするのに、
(でもこれは誰のせいでもないし仕方のないことだ)
そこに車増やしてどーすんだ!
(これは乗る人間の気持ちひとつで防げることだ)
つかそんなときに車出しても進むわけがなかろうがー!!!

と、当人が読んでるかわからないここでダメ出し。

でも、後でちょっと冷静になってみて思ったのよね。
こういうのって阪神大震災を経験してるからわかる感覚なのか?って。

そう、あの震災から16年、
その間、いろんな地域での災害を見てきたけど、
今回ほどまざまざと震災のときの記憶がフラッシュバックしたことはない。

たぶん、友人たちが当事者として被害にあってるから、かな。

会社から何時間もかけて歩いて帰宅したり、
帰宅を諦めて会社に泊まったり、
繰り返す余震の恐怖に眠れなかったり。

そんな友人たちの姿に、16年前の自分の記憶がシンクロする。

ふだんあたしは一度寝てしまえば、
どんな爆音で豪雨が降ろうが雷が轟こうがめったなことじゃ目を覚まさないんだけど
震災のときは、余震の前に微かに鳴る低い地鳴りにも飛び起きてた。
玄関から一番近い母の部屋で、
電気とラジオをつけっぱなしで幾晩も過ごした。
当時まだまだほんの子供で、何もできない自分の無力さに打ちひしがれた。

今回も、遠く離れた関西の地で、ネットで情報を追いながら、
何ができるわけでもない自分を歯がゆく思うしかできてないけど。

でも、ネットで情報見ててつくづく思ったんだ。
時代は変わったんだなって。

阪神大震災のときは、
あんなに大きな地震が大都市を襲った初めての例だったから、
政府や行政の対応も後手後手で。
何もかもが未知の領域の出来事で、
法も制度も支援も何も整ってなかった。

なにより、こんなにネットやケータイも普及してなかったし、
もちろんついったなんてものもなかった。

テレビやラジオや新聞を待たなくても、
情報はどんどんTLに流れていく。

重要だ、有益だと思う情報は、どんどんみんなが公式RTで広めていく。

官・民を問わず、いろんな施設が、店が、会社が、
そのスペースを避難場所として提供していく。
その情報がまた、TL上で広まっていく。

阪神大震災のときにも、もちろん、たくさんの善意の手を差し伸べてもらった。
本当に救われたし、今でもすごく感謝しているし、決して忘れない。

でも今は、それがもっと目に見える形で、早く、
必要としている人の元に届く時代になったんかなぁって思うんだ。

震災からの復興は、時間もかかるし本当に大変なこと。
でも今の日本は、阪神大震災から16年という時間をかけて、
少なくともあのときより被災者に優しい社会になっていると思う。

一日も早い被災地の復興と、被害にあわれた方の心身両面での回復を、願っています。

最後に、いくつかリンクを。

ついったで、公式RTでTLに上がってきた動画。
『感動的なCMです。九州新幹線のCMだけど、日本全体を応援しているように見えてくる。九州新幹線全線開通CM180秒』


大好きなサイト管理人様のブログ記事
記事前半のリンクはたぶん被災地の方々に役に立つと思うし、
記事後半のついーとまとめは、読んでてすごく救われる思いがする。

ヤシマ作戦
うちはもともと一人暮らしを始めたときから節約のため
冷蔵庫以外の家電はすべて節電タップに繋いで、
(タップに繋げない洗濯機とエアコンは使うとき以外コンセントから抜きっぱなし)
使うときだけタップのスイッチ入れてるので、引き続き継続します。

当該地域以外での節電に意味があるのかないのかの議論はナンセンスだと思うのね。
たとえ被災地の役には立たなくても、
エコや節約の観点からも、節電して損はないんだから、
やれる範囲でやってみとけばいいんじゃないの?と思う。

そして、最後に。
SHOW YOUR HEART
昨年来の個人的に思うあれこれはいったんおいといて、
こういうとき、即座に行動を起こせる意志と行動力は、素直に認める。

貴教くんも、さすが兄貴、かっこいいよ。

関連記事
スポンサーサイト

2011/03/13 16:08 
DAYSComment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。