スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

KENTAROワンマンライブ(的なものw)@神戸チキンジョージ

KENTAROチキジョ


前日のチキジョワンマンの後、
出待ちでKENTAROさんにこの日のライブの出順を聞いてみたら、
たぶんB型の蠍団が最初だと思うって答えが返ってきて。

私、開演は間に合わないのに。
たぶん早くても開演30分後にしかつけないのに。
一番の目当てであるB型の蠍団がよりによって最初なんて・・・

しかも今回もLOUDNESSで、
ガゴの衣装は忘れかけたくせにランダムスターしっかり持ってきてるって。

去年の11月に見たときすごく楽しかったし、
ランダムスター弾くKENTAROさんかっこよかったからまた見たいと思ってたのに。
せっかく見れるチャンスなのに、よりによって最初・・・( ´д`)

でも、リアルに『( ´д`)』って顔しちゃったあたしに、KENTAROさん、

「がんばって早よおいで(*´ー`*)」

って。
だからあたしめっちゃがんばったよ!
華麗すぎるほどの定時ダッシュかまして、
お友達に教えてもらったとおりに乗り換え最短ルートを突っ切り、
阪急電車飛ばして(←)チキジョに着いたのが19時15分!
予定より15分短縮!!!

しかも開演押したらしくて、私が着いた時ってまだ始まってなかったんかな?
それともMC中だったのか、何にせよ演奏してなくて。

・・・あれ?
ボーカルさん、ヒサヨシさんにしては背が高い(←失礼な!)
それに上手、金髪でもなければランダムスターでもない。

え、あれ?1番手、B型の蠍団じゃ、ない・・・?
と思いながらテーブルの間をすり抜け、お友達発見。
状況が飲み込めないまま、荷物をお友達のいるテーブルの辺りにおいて、
とりあえず上手2列目に着地。

えっと、ステージ上に知らない人しかいないということは、
これ、NEXT?
でもって上手住人さんたちが下がってないということは、
KENTAROさんはまだ出てきてないのね・・・?

と、全くなにも確信の持てないまま、ステージを見る。
・・・なんか、豪華なカラオケって感じ。

失礼ながらもそんな風に思ってたら、
やっぱりボーカルさんはアマチュアなのね。
で、途中GLAYの【彼女の“Modern…”】をやったところで気づいた。
このバンド、コピバン!?
その後ラルクもやってたし。

でもドラムが元D-SHADEの方でびっくりした。
だって、D-SHADEってあたしでもリアルタイムで知ってたくらいの有名どころよ!?
あぁ、そりゃあ豪華なカラオケに聞こえるわけだわ。

そうそう、ベースの方がハーフの美形で、
モデルもやってるって方だったんだけどね、
全体的な顔立ちが俺様に似てると思った。

そして、ボーカルさんが前日のガゴさんのライブでの、
『MCにはKATSUJIさんが書いた台本がありますw』ネタを
しつこいくらいに繰り返したMCの後、ついにKENTAROさんと俺様登場!

KENTAROさんはがちゃの影王Tシャツのネイビーに、
下は私服のデニム(ユニオンジャックの)
俺様は、ヘビ柄のシャツにテンガロンにVベースw
ちょ、衣装が超本気wwwwwww

でね、このときKENTAROさんのギターが唐草の方で。
ネックがファイヤーパターンじゃない奴ね。
やっぱあたしこっちが好き!
久しぶりにシンプルなネックが見れてほくほく(´艸`*)

で、肝心の曲。
【LOVE SHICK】の方は原曲知らないんだけど、
その次にきたのがね!
【 1 / 3 の 純 情 な 感 情 】

っきゃぁぁぁぁぁぁぁあああああ!!!!!

これ、大好き!!!!!
高1の時ほんとに大好きで、好きすぎて化学室の机に歌詞の一部を落書きしたら、
次の週化学室行ったら歌詞の続きが書き足されてたって思い出があるくらいw
当時ほんとに流行ってたし、みんな大好きだったよね、この曲。

そんな思い出の曲のイントロをKENTAROさんが引き始めた瞬間、
本気で感動した!
体中の血が、一瞬で温度を上げるような感覚。
もうね、これだけで、今日来てよかったって思えた。

惜しむらくはボーカルさんが歌詞を飛ばしがちだったことだけど。
でも初めてライブで聴く【1/3の純情な感情】が
KENTAROさんのギター(と俺様のベース)だなんて、
これ以上ない幸せでございました(*´∀`*)

★B型の蠍団★
【セトリ】(加藤さんのブログからいただきました)
1.Loudness
-MC-
2.Crazy doctor
3.Milky way
-MC-
4.Exploder
5.Pray for the dead
6.Slaughter house
-MC-
7.Crazy night
8.Let it go
9.S.D.I.

去年の11月にみたときに、ほんとにすごく楽しくて、
22時から持ち時間30分なのに15曲用意してくるという
意味の分からんことをしてくれたけどw
終電逃す価値大有りの楽しさで。

だからこの日のライブへの出演が決まったとき、
また見れるんだってすごく嬉しかったの。

しかも、上にも書いたけど前日の出待ちで
今回もLOUDNESSをやることと、
LOUDNESSなんだから当然ランダムスターを弾くことは聞き出してたので、
そりゃー期待も高まるってもんでしょ。
そりゃー全力で定時ダッシュして電車飛ばすってもんでしょw

KENTAROさんの衣装はLOUDNESSの30周年のTシャツにしわ加工のベスト、
ボトムは黒のスリムなパンツをブーツイン。
シンプルなかっこなのに、や、だからこそ、スタイルの良さが際だつね♪

でね、ランダムスターってピックアップセレクタの位置が
Vと違ってだいぶネック側についてるのね。

この動画の3:10くらいからのギターソロを見てもらうとよく分かると思う。



ちなみに、Vのピックアップセレクタの位置はこちらで確認してください。
(ほんとはガーゴの動画を載せたかったんだけど、
 画質や照明の感じ、ギターが今のと違う、等で
 ピックアップセレクタが判別できるものが見つけられなかった。
 そしてギターの画像を貼ればいいものをあえて動画にしたのは完全に私の趣味です)



去年見たときは、普段のVと違って、
ピックアップセレクタの切り替えをする仕草がはっきりわかって、
しかも手を動かす範囲が大きいから、
もうピックアップセレクタ切り替える度にきゅんきゅんしてたの。

でもよくよく考えたら、あれだけ手を動かさなきゃいけない位置にあると、
弾きにくくはないんだろうか?

この日もピックアップセレクタ切り替えた手で
そのまま瞬時にタッピングに入るところがあって、
もちろん私はきゅんきゅん悶えたけども、
KENTAROさん的にはこれ、しんどいんじゃ?って思っちゃった。

(後日ZEMAITIS MUSEUMでいろんなギター見て思ったのは、
 Vのピックアップセレクタの位置が親切すぎるということでしたw)

MC
◆ステージ上の見えない境界線
B型の蠍団でも、末っ子愛されキャラなKENTAROさん。
ナオトさんやヒサヨシさんに『えぇよなー男前で( -з-)』と散々言われ、
苦笑はしつつも否定は一切しないKENTAROさん ←

直「昨日とかもいっぱい(バレンタインの)チョコもらったんちゃうの(  ̄д ̄)ノ」
謙「あー、頂きましたねー。恐縮です!((_ _*)」

うん、この時ね、KENTAROさんの視線があたしの方に来てたー♪(と思っておくw)

直「でも今日の差し入れの中にタバコ入ってなかったって文句言ってたよね(* ̄w ̄)ノ」
謙「(・∀・ )・・・・・・・・・Σ( ̄▽ ̄;)」

ほーぉ( ̄д ̄)
じゃあこの先ぜってぇ差し入れにタバコは入れてやらん( ̄^ ̄)

や、ハナから入れる気なんてないけどさ。
これ聞いて決意を新たにした。←嫌煙家

で、メンバー中唯一の30代で、メタドル王子で男前で、
一番動員もあるwKENTAROさんにおにいちゃんたちの嫉妬が加速www

ステージ上、ちょうどセンターと上手の間に黒いガムテープが貼られてたんだけど、
それを指しながら

久「もうこの線からこっちに入ってくるな!
  こっち側に来ていいのは40オーバーだけや!」

( ;∀;)シ
でも、そうはいってもKENTAROさんも・・・

謙「・・・・・・(; ̄▽ ̄A゛ でも俺ももう片足突っ込んでる・・・( ̄▽ ̄;)」←片足?
直「でもKENTARO君がこっち来たら
  今度は加藤さんがどっか行っちゃうんだよね(* ̄▽ ̄)」

( ;∀;)シ( ;∀;)シ( ;∀;)シ( ;∀;)シ( ;∀(ry
え、っていうか加藤さんっておいくつ?

とりあえず、この日のライブ、KENTAROさんはセンター以降進入禁止になりましたw
花道に出るのも、モニタースピーカーの前から回るのはオッケーだけど、
しじゅうの壁wを越えてセンターから出るのはダメとのお達し。

うん、そっこーそんなの関係なくセンター進入してたけどなw

◆なんちゅー身分証明書w
上記の『差し入れにタバコが・・・』云々のところで、
『タスポ持ってる?』とナオトさんに聞かれたKENTAROさん。
まだ持ってないけどそろそろ作りたいということで・・・

謙「昨日、証明写真撮りに行こうと思ってんけど時間がなくて・・・
  いっそのこと ア ー 写 で 作ろかな ( ̄▽ ̄*)」

Σ( ̄▽ ̄;)
( ;∀;)シ( ;∀;)シ( ;∀;)シ

(やれるもんなら)ぜひやってみて欲しいもんだ( ;∀;)シ

ってかもしやるなら、自分でどの写真を選ぶのかが楽しみだなヾ( ̄w ̄* )

◆出来る男はいつだって出来る男です
ヒサヨシさん、いつもは歌詞をiPadで客席後方の壁に映してるんだけど
チキジョだとそれが出来ないからって、この日は普通に紙のカンペを用意してたのね。

でも実は上手側から下手の壁にプロジェクター映せると後で知ったらしく。

久「まぁそうなったらずっとこっち(といいながら下手の壁を見る)見ながらになるけど・・・
  ずっとこう(といいながら足元に置いたカンペを見る)よりは、
  ちょっとでも上を向いてる方がいいよね」

ヒサヨシさん、ちょー前向きwww

まぁそうはいってもこの日のカンペは紙なので。
これが空調の風でふわっふわひらひら、ちっともじっとしてないんだわ。

上を少し折り曲げてスピーカーにかけてたんだけど、
何度も『あぁっ!もう無理!飛ぶ!』って演奏中も気になっちゃってw

思わず
『ヒサシくん!カンペがやばいよ!
 早く!その!出来る男の証な黒ガムテープを!!!o(>_<)o』
って上手袖に念を送っちゃったよ( ̄▽ ̄*)ゞ

で、さすがにガーゴのときより気付くの遅れたけど
(てかガーゴのときは私なんかが気付くより先に動いてるもんな、ヒサシくん)
無事にヒサシくんの手によって、カンペはスピーカーに固定されたのでした。

その後のMCでヒサヨシさんにも

久「ヒサシくんに助けてもらっちゃった♪」

的なこと言われてたし、出来る男はどこにいっても出来る男なのでした(´艸`*)

◆何やっても入りにくいなら、何やっても同じですね
最後のMC終わりの曲フリだっけな?
ヒサヨシさんがめっちゃぐだぐだな空気を作ってしまいw
自分で収拾つけられなくなったヒサヨシさん、

久「KENTAROくん(曲フリ)やってよ。
  かっこよく曲入ってよ」

ち ょ ー む ち ゃ ぶ り ( ;∀;)シ

さすがに『エッ!?Σ( ̄▽ ̄;)オレ?マジデ!?』ってうろたえるKENTAROさんに、
KENTAROさん大好きなナオトさんからフォローが入った。

直「いや、この空気は何やっても無理やで(; ̄▽ ̄)ノ」

で、これを聞いて開き直ったKENTAROさん(B型)

謙「何やっても一緒ならいーや、入っちゃお♪(≧ω≦)」

 (  ∀ ) ゜ ゜

ちょ、ちょちょちょちょちょちょーっと待った!
『入っちゃお♪(≧ω≦)』って!
『 入 っ ち ゃ お ♪ ( ≧ ω ≦ ) 』って!!!!!

なんだそれめっちゃくちゃ可愛いぃぃぃぃぃぃぃいいいo(>_<)o

もう、あまりの可愛さに一瞬心臓止まったよね(・`∀・)b

でもって、つい今しがたKENTAROさんにフォロー入れたナオトさん、今度は一転・・・

直「またそんなんゆーてファンの子らが『可愛いぃ~~~(〃▽〃)』ってなんねやろ(  ̄д ̄)」

そう!ナオトさんそのとーり!
さすがKENTAROさん大好きなナオトさん、上手住人の気持ちがよく分かってる(≧ω≦)b ←

で、KENTAROさんの『入っちゃお♪(≧ω≦)』に身悶えすぎて、
結局どうやって曲に入ったんだったか覚えてない残念な上手住人は私ですヾ(゜∀、゜)ノ

いやー、やっぱりB型の蠍団での愛され末っ子ギターキッズなKENTAROさん、可愛すぎる(´艸`*)

★KENTALLICA★
【セトリ】(加藤さんのブログからいただきました)
1.Creeping Death
2.So What
-MC-
3.Enter Sandman
4.Battery
-MC-
5.Master of Puppets

ヒサヨシさんファンのお友達が花道付け根の下手最前にいて、
KENTALLICAのときに場所を譲ってくれたので、ちょー絶景でした(≧ω≦)

しかも1曲目、2曲目とギターソロのたびに
私の目の前至近距離に立ちはだかるKENTAROさん。
もうね、ほんとに至近距離で、あまりの近さにくらっくらしたわよ(*´д`*)

で、私METALLLCAは全くわからないんだけど
(唯一MAZIORAに入ってる【Enter Sandman】だけはわかったよ)
そんなの関係なくめっちゃ楽しかった!

最後にやった【Master of Puppets】のラストで高笑いするKENTAROさんがね、
そりゃーもうゾクゾクするほどかっこ良くて。

なんなのあの堂に入った(入りすぎた)フロントマンっぷりは!!!
一体あたしにどれだけ惚れ直せというんだヾ(`д´)ノ
これ以上好きになったらほんとに病気の域だからっ!!!

あぁぁ、もう、罪な人だ・・・・・・ ←

【MC】
◆いずれはワンマンを
KENTALLICAはセッションバンドなので、最初は1回きりのつもりでやったのに、
なんだかすごく好評で、わりと色んなとこからオファーがあるらしい。
なので・・・

謙「そのうちワンマンとかやったりしてね(・∀・)」

でもそのためにはレパートリーを増やさなきゃだけど、
1曲1曲が長い上に音数も多いから大変だって話になって。
ナオトさんが、自分のバンドよりKENTALLICAにかける労力の方が上回ってるってヾ( ̄w ̄* )

でも今回こうして関西上陸も果たしたんだし、
ワンマンもありえない話じゃないと思うんだよねー。
むしろ東名阪くらいワンマンで回っちゃえばいいんだよw
KENTALLICAワンマンとなれば、名古屋なら遠征するな、あたし。

というわけで、PHASE、ELL、チキジョあたりのブッキング担当さんには、
ぜひKENTALLICAにワンマンのオファーして欲しいとこですな(´艸`*)

◆新メンバー
『新メンバーが入りました』と、
この日がKENTALLICA初参加の那都己くん(ARESZ)の紹介。

・・・うん、あの、たけすぃのこと思い出して凹むから触れないで欲しかった・・・(´・ω・`)

でも那都己くんが
・元々METALLICAが大好きで、ライブでちゃんとMETALLICAのカバーをやってみたかった
・憧れのKENTAROさんと一緒にステージに立ってみたかった
→だから今日は夢がいっぺんに2つも叶って嬉しい(≧▽≦)
って、本当に本当に嬉しそうに笑って言うのよ。

いい子だなぁーってしみじみ思った。
上手を見るたびにたけすぃのこと思い出さずにはいられない自分を、
申し訳ないと思った。

そして、KENTALLICAの2代目上手ギターが那都己くんでよかったと思った。

◆ご自由に区切ってください
持ち曲全部出し切って次の曲が最後!と言われ。

謙「曲が長いからみんな適当なとこで区切って2曲で数えてくれてもいいよ(・∀・)ノ」
直「区切り方によっては3曲分くらい取れるかも」

ということだったので、前半・ギターソロ・後半で3曲分にカウントしときましたw

・・・だからか。
後でセトリ見たときに
『えっ、5曲!?うそだー!もっとやってたやん?』って思ったのw

で、冒頭にも書いたけど、この曲のラストで、
ぐっと照明の落ちたステージの真ん中で、不敵な笑みで高笑いするKENTAROさんが
そりゃあぁぁぁぁぁぁぁもうかっこよくて!!!
ほんとにほんとにほんとにほんとにほんっっっっっっっとにかっこよくて!!!!!(*´д`*)

思い出すだけで腰砕けになるさー(*´д`*)

★アンコール★
KENTALLICAのときにKENTAROさんが
『持ち曲は全部やった』って言ってたにもかかわらずアンコールを呼ぶ、主に上手住人。

KENTAROさん、出てくるなり

謙「ちゃんと聞いてた?
  さっき『持ち曲全部やった』って言ったやんな?(; ̄▽ ̄)」

うん☆言ってたー(*´∀`*)オボエテル!
だから同じ曲もう1回とかでも全然いいよー(*´∀`*) ←
むしろ最後の曲の高笑いもっかい聴きたいよー(*´∀`*) ←←←

まぁ、そういうわけにも行かないので、
既にフロアで飲んでて『本日閉店』状態のヒサヨシさんを呼び戻しw
急遽B型の蠍団でアンコール。

Σ(・д・)
((((((ノ・д・)ノ(・д・*)
ヽ(´∀`ヽ))))))(((ノ・д・)ノ

そう、ヒサヨシさんがステージに上がるなら、
お友達に場所返さなきゃだからね。
瞬時に場所入れ替わって、私はそのまま上手に移動(((ノ´∀`)ノオウジー

で、KENTALLICAのときはもちろんKENTAROさんがセンターなので、
センターのマイクスタンドの足元に、エフェクターが置いてあるのね。
それを見たヒサヨシさん、

久「これ踏んでいい?(〃▽〃)」
謙「( ̄□ ̄;)駄目ですよっ!絶対やめてくださいね!?」

ヾ( ̄w ̄* )ププ
必死になってるKENTAROさんが可愛いー(´艸`*)
そうだよねー、大事な大事な機材だもんねー(*´∀`*)

で、アンコールは【In The Mirror】
曲タイトルを口に出さずにヒサヨシさんに伝えるために、
『鏡』ってジェスチャーして見せるKENTAROさんがこれまた可愛かったんだ(´艸`*)

というわけで、最後までKENTAROさんにきゅんきゅん悶えまくったライブだったのでした(/ω\*)

・;*:・・:*:・・;*:・・:*:・・;*:・・:*:・

以下、個人的なアレコレ。


この日のライブにKENTALLLICAが出るって私が知ったのは1月25日。
その日のついろぐ。

2.27把握。 うん、こんなのただの八つ当たりで、言っても仕方がないことなのは百も承知で、それでも、言わずにいられないんだが。
posted at 20:57:44

KENTALLICAで関西に来れるなら、なんで去年来てくれなかったの。なんでたけすぃがいるうちに来てくれなかったの。今さら、もう、たけすぃはおらんやん。もうやだ、涙が止まらん。
posted at 20:59:06



ちょうど1月22日に、ゼロデシの関西ラストライブを見たばかりだった。
ESAKA MUSEのステージからはけるたけすぃを見送って、
これでもう私がステージに立つたけすぃの姿を見るのは最後なんだって。
受け入れ難い現実を、それでもなんとか飲み込もうとしてたところだった。

去年、12月27日に東京でKENTALLICAがあって、すごい行きたかったの。
KENTAROさんはもちろんだけど、
それ以上に、KENTAROさんと一緒にステージに立つたけすぃが無性に見たくて。

でも年末の、仕事納め前日のそんな日に遠征する余裕なんてあるはずもなく。

そしたらKENTALLICAの2日後にたけすぃの引退が発表された。

あぁ、あんなに無性にたけすぃを見たいと思ったのって、虫の知らせだったんだ。
やっぱり、どんなに無理しても無茶しても、行けば良かった。
って、すごく後悔した。

そんな中で。

もしこの先たけすぃが再びステージに立つことがあるとしたら、それは、
『KENTALLICAをやるからこの日だけステージに戻ってギターを弾いてほしい』
ってKENTAROさんからのオファー以外にはない気がしてた。

というか、それ以外の可能性を、私は思いつけなかった。
その可能性がどんなに0に近くても、
そこに希望を託さなきゃ耐えられなかったんだ。

なのに。
こんなにあっさり他の人を入れちゃうんだ?って。
すごいショックだったの。

そもそも。
KENTALLICAはセッションバンドだから、関東以外ではやらないと思ってた。
遠征しなきゃ見れないバンドだと思ってた。
だから見れないのも仕方ないって自分に言い聞かせてたのに。

なんだよ、関西までライブしに来れるんじゃん。
だったら、ねぇ、なんでたけすぃがいる間に来てくれなかったの。
あと1ヶ月早かったら間に合ったのに、2月なんて手遅れじゃん。
もうあと3日でたけすぃはステージ降りちゃうんだよ!?ねぇ!!!

そう思ったらただただ悲しくて、悔しくて、やりきれなくて、
涙が止まらなかった。

だから、わりと本気でこの日のライブは行かずにいようと思った。
前日にあるガーゴワンマンも、出待ちしないでおこうって思ってた。
出待ちしたら必ず『明日は来れるの?』って聞かれるのがわかってるから。
そうしたら、KENTAROさんに恨み言をぶつけてしまいそうで怖かったから。

けど、B型の蠍団の出演が決まって、
これは去年の11月に見てすごく楽しかったから、見逃したくなくて。

仕事で開演には間に合わないのがわかってたから
いっそのことKENTALLICAが最初で、
私が着く頃に終わってくれたらいいのにって、これもわりと本気で思ってた。

でもね、あたしKENTAROさんのファンなのに、
KENTAROさんのライブに乗り気じゃないどころか、
行きたくないとさえ思ってしまう自分がショックで、自己嫌悪で。

KENTALLICAの出演が決まってからの1ヶ月、ほんと苦しかった。
こんな私らしく・・・というよりは上手住人らしからぬこと、
どこにも吐き出せなかったし。

おかげでKENTAROさんに対してのテンションまで下がる一方で。
ほんとにね、自分のことながら、どうなっちゃうのかなーって思った。

でも、結局のところ、所詮あたしは上手住人だったわ。
たけすぃがいないならいないで、KENTAROさんに集中するだけだった。

お友達が譲ってくれた場所もありがたかったな。
KENTAROさん越しにしか上手が見えなかったから。

もちろんライブ中、ここにたけすぃがいたらどんなだったんだろうとか、
たけすぃはVは弾かないから、
どんな音づくりでKENTALLICAに臨んでたのかなとか
脳裏をかすめることもちらちらあったけど、
ライブの楽しさをかげらせるほどではなかった。

那都己くんの人柄にも助けられたね、きっと。

次またこのメンバーでのKENTALLICAを関西で見れる機会があれば、
今度こそ、一分の迷いもためらいもなく喜べる。

だから早くまた関西でKENTALLICAやってね♪
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

2012/02/27 23:59 
GargoyleComment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。