スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

SA・YO・NA・RA

何を血迷ったのか、数年ぶりにガクを聴いてみたりなんかした。
しかも今頃になって【Re:BORN】初聴きとかw
(ちなみに【Re:BORN】って2009年リリースらしいよヾ(゜∀、゜)ノアヒャ)

【SUDDENLY】を聴いて、
R et R IIツアーの三重で初めてこの曲を聴いて涙した日のことを、
鮮明に思い出した。

そして、痛切に思った。

戻りたい。
戻って欲しい。

もう二度と戻れない。

今でもRebirthの世界観は最高に好きだし、
YFC以前の(あっさりしたw)歌い方も声の感じもたまらなく好き。

でも、それはもう“過去”なんだよね。

あの頃のガクなら今もこんなに恋しいのに。

・;*:・・:*:・・;*:・・:*:・・;*:・・:*:・

♪この命捧げて君を救えるなら
 この身に火を放ち笑ってみせよう♪
(【LOST ANGELS】)

ガクが描く物語って、
純粋すぎて、真っ直ぐすぎて、
それ故に破滅的な愛し方しかできない、
そんな登場人物多いね。

急にそんなことに思い至ったのは、私がそれを失ってしまったからかな。
だって昔はこういう歌詞に、普通に共感してたんだもの。

関連記事
スポンサーサイト

2012/05/11 00:23 
G+JobComment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。