スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

ツイートするには長すぎたw

エヴァ破を観てました。

前にも1度TVで見てるはずなのに、案外最後の方覚えてなかった。
そして、特にアスカのシーンはTVシリーズとごっちゃになって覚えてた。

それもそのはずで。
あたし、リアルタイムでのTVシリーズ放送時は、
全然ストーリーに入っていけなくて、早々に見るのやめちゃったんだよね。

だって舞台設定も状況説明もなんもなしにいきなり始まっちゃうじゃない?

そのまま、エヴァに触れることなくすっかり大人になって、
序は、これもやっぱりTVで観て。

破をTVでやるってなったときに、
ようやくTVシリーズを見てみようかなって思ったの。
TVシリーズを知った上で観ないと、意味がないんだろうなって思って。
(そう思ったのは、某様の旧ブログで破の劇場公開時の記事を読んでたから)

そしたら当時の同僚(♂・同い年・リアルタイムでTVシリーズ見てた人)に
『あれはトラウマになるから見ない方がいいですよ。
 今まで見ずにきたんだったら、今さらしんどい思いすることないです!』
って言われちゃって(苦笑)

でも、せっかくの同僚の忠告もむなしく、見ちゃったんだけどw

あ、でもたしか全話見切れないうちに破を観ちゃったんだったかな。
だからTVシリーズと破のアスカがごっちゃになるんだよね(-ω-;)

にしても、泣いたー(TдT)

初号機と参号機の戦闘シーンの絶望感、そして

「碇君が もう エヴァに乗らなくていいように する」
「逃げて 2号機の人    ありがとう」

この綾波のセリフは、泣かずにはおれんでしょ。
なのに使徒を倒せなかったばかりか、飲み込まれてしまう綾波、
そしてそこからの、シンジの闘い。

なんか、この、みんなが、
『誰かを守るために闘ってる』感。
そのためにがむしゃらになる姿。

そういうのが、たまらなく泣けた。

あとは『この子達まだみんな14歳なのにね・・・』とか
綾波を救うために闘うシーンで『あのシンジがこんなに強く、たくましくなって・・・』
みたいな、今だからこそ、破だからこその感傷なんかもあって。

そうだよね、TVシリーズの時にはシンジたちと同年代だったのが、
今はミサトさんたちの側なんだもんね。

だから、ミサトさんと加持さんが飲んでるシーンとか、
出て行くシンジにミサトさんがかける言葉にも、感情移入できて。

私は、エヴァとがっぷり向き合うのがこのタイミングでよかったんだろな。

・;*:・・:*:・・;*:・・:*:・・;*:・・:*:・

ところで。
ついーとやらなんやら見てたら、エヴァの時代設定って2015年なのね?

なんかQで終わらないらしいとかいう噂もあるけど、
もしほんとにQで終わらないならもしかして・・・?
とか、考えちゃうわよねw

関連記事
スポンサーサイト

2012/11/17 01:22 
DAYSComment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。