スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- 
スポンサー広告 | Top ▲

Battle Of King Monsters~プロローグ~@ESAKA MUSE

私が初めてGargoyleを見たのは、2007年10月、SITE KOBE、戦隊の対バンで。
年が明けて狂い咲きサンダーストームに6箇所参戦して、
KENTAROさんに撃ち抜かれ、Gargoyleに魅せられて、ファンになろうって決めた。

初めて、対バンじゃなしに、Gargoyleを見るために足を運んだライブが、
Super Battle Gargoyleだった。

Gargoyleのワンマンも未経験で、いきなりBattleを見ちゃって、
しかも私が行ったのは、今でもしょっちゅうネタに上る
最初の特効で空調が切れた、伝説的な灼熱地獄の江坂。
ヘドバンするたびに髪の毛の先から汗のしずくが飛ぶというすごい状況。

その後、Let's Gargoylife!の名古屋・大阪と
虹融合への最終章の大阪で、
サプライズでライブ後半にBattle降臨!は見てたけど。
事前に分かってる状態でBattleを見るのは約5年ぶり。

それにSBGのときはBattleどころかGargoyleというバンド自体、
どういうものか分かってないまま参戦してたから。
Battleってものがちゃんと分かった上で
ちゃんと心積もりをして臨めるのは初めて。

私にとってBattleはガーゴイラーとしての原点みたいなものだから、
暴れやすさや気愛入れるってのに加えて初心に帰るって意味もこめて、
SBGのときと同じかっこで参戦した。
(正確なアイテムは違うかもだけど、肩出し×ショーパンって形は同じってことで)

で、ノーゴはモッシュ曲あったはずだし、SBGのときはモッシュ起きたし、
いつどんな事態が起こってもいいように、足元には何も置きたくなかったから、
とっとと荷物をどけるべく、立ち位置確保してすぐ服脱いだのね。

そしたらお隣にいた常連のお姉さんに
『元気やねぇ~!寒くない!?』って言われちゃった(ノ∀`)
うん、思った以上に江坂のフロア寒かった(・`∀・)b
上脱ぐのもうちょっと待てばよかったかなって思う程度にはw
でもそこはほら、気愛だから(`・ω・´)


◆先攻:バトルノーゴッド
バトルといえばコンセプトの1つが“笑わない”だけども、
華凛ちゃん、登場からもうにっこにこp(*´ω`*)q

(*´д`*)か(*´д`*)わ(*´д`*)え(*´д`*)ぇ(*´д`*)

と、華凛ちゃんの可愛さに骨抜きになってたら、
出てきた団長が!

が!!!

普段の白塗りメイクじゃなくて、ふっつーのびじゅあるメイクで、
衣装も普通にロックなバンドマンの私服って感じで、
見た瞬間思わず

え、団長、かっこいい(((゚д゚ )))

ってびっくりした(ノ∀`)
(ちなみに後日REDNIQSにこのライブのレポを送ったら、
 めっちゃ頑張って言葉を尽くしたガゴさん部分まったく触れてもらえず、
 このくだりだけ採用された(;∀;))

1曲目は【覚醒】で、たぶんメタル化とかREDNIQSでも聴いたことあったはずだから
聞き覚えある曲で始まってくれてほっとした。

や、知らない曲でもノーゴのステージングなら全然問題なくスイッチ入ったとは思うけどね。

で、2曲目に入る前の団長の煽りのときだっけな?
華凛ちゃんが右手の人差し指を立てて口の前に持ってって、
シー(*´з`)bってしてて、その姿があまりにも可憐で可愛くて、
バトルだというのに下手の一角だけパステルカラーのお花畑に見えました(*´ω`*)

そんな華凛ちゃん、
曲中に太いコーラス聞こえるなーと出所を探したら
ギター2人はマイクに近寄ってもなくて、華凛ちゃんがコーラス入れてて。

見た目はお花畑の美少女なのに聞こえるコーラスはヴォイヴォイ言ってて
視覚情報と聴覚情報の脳内での混ざらなさ加減が凄かったw

ノーゴは、ツアー初日の渋谷では
“Battle”ってコンセプトを消化しきれてない感が指摘されてたけど、
この日は、少なくとも私の目には、
完全に掴んで、ものにしたんだなーって思えた。

途中、静かで重い聴かせる系の曲も挟みつつ、
ただ畳み掛けるだけじゃない緩急があって、
でも“緩”か“急”かに関わらず、
ひたすらぐいぐいとステージに引き込んでいくパワーがあって。

すごくかっこよかった。
本当にかっこよかった。

なのでウォーミングアップのつもりががっつり本気でヘドバンしちゃって、
(しかも腰折れまでやったw ←だって隊員ですもの♪)
既に首がしんどいとか(ノ∀`;)

ってか普段行かないバンドの知らない曲でするヘドバンって、
疲労度2割り増しくらいにならない?あたしだけ?

◆後攻:Battle Gargoyle
信者さんに交渉かけて2列目で待機。
んでも『ガーゴも前で見たい』という信者さんがいっぱいいらっしゃって、
普段のワンマンにはないぎゅうぎゅうっぷり。

ってか左右のスペースないのはまぁ平気だけど、
前後のスペースに余裕ないのは、
腰折って低い打点で頭振るあたしにはしんどいなぁ(´△`;)

まぁ曲始まっちゃえばそんなの関係なく振り倒すんだけど( ̄▽ ̄*)ゞ

そして暗転して、流れ出す歓喜の歌。
・・・そうだよね、今日は心臓音のSEいらないんだもんね(´艸`*)

出てきたメンバーはみんなSBGの衣装。

Σ(○△○;)
KENTAROさん、額に第三の目が開いてる!
邪眼だ邪眼((o(≧▽≦)o)) ←幽白世代←でも飛影より蔵馬派←どーでもいいw

Battleの衣装で鴉マスクして邪眼開いてるとか、
ほんとに炎殺黒龍波くらい撃てちゃいそうだよねヾ( ̄w ̄* )
・・・と思ってふと思い出した。
以前職場の友人にSBG衣装のアー写を見せたとき
『これ、実写?(・∀・)』って聞かれたことをw
えぇ、実写で生身でこうしてライブやってますよー(*´∀`*)ノ

で、髪型は右サイドの髪も全部左に流すように立ててて、
前日の名古屋でのとさかを日記で見た瞬間盛大に噴き出したあたしとしては、
髪形見てほっとしたとかまさかそんな(ノ∀`)ノシ

でね、メンバーみんなめっちゃかっこよくて、
登場シーンだけで腰抜けそうなほどほんとにかっこ良いんだけど、
あの、KENTAROさん、一つだけ言っていいですか?

右手の甲に書いた『戦』の文字、『単』と『戈』のバランスが悪すぎます( ;∀;)シ
(『戈』がやけにデカくてまさに『単戈』←こんなバランスwww)

あぁ、もう、こんなにかっこいいのに、
『完璧』にはあと半歩足りないところがまた愛しい(*´д`*)キューン

そして聴こえてきた1曲目のイントロは、【SUPER DOGMA】ヾ(≧▽≦)ノ
渋谷も名古屋もこの曲が1曲目なのをスタッフさんのついったで見てて、
江坂も1曲目だけは変えずにきてほしいなーって思ってたから嬉しかった♪

だってさ、この曲のイントロの、
静かに、ひたひたと不穏な空気が満ちていくような感じほど、
Battleの幕開けに相応しいものってないと思わない!?

しかもKIBAさんがバトル仕様の剣のようなあのマイクスタンドを
頭上でぐるぐると回してて、それがまた曲の雰囲気にあってるんだ!

音も絵面もめっちゃ凶悪なんだけど、
それがたまらなくかっこよくて。
あー、そうだ、これがBattleだなぁーって。

こっちもBattle仕様でいつも以上に頭振っていつも以上に消耗するんだけど、
ステージ見上げるたびに全力で満面の笑みでニヤニヤしちゃうくらい、
ほんっとかっこよかったんだよー、この日のライブ(*´д`*)

で、ギターソロで上手前に出てきたKENTAROさん、
鴉マスクをがっと外して投げ捨てた!!!(:.;゚;Д;゚;.:)

ぅっぎゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!
その荒々しい仕草がもう、とんでもなくかっこよかったの!!!(ノ´д`)ノ

あぁ、だめだ、思い出しただけで腰が砕ける(*´д`*)

と、のっけからテンションMAX、滾って悶えて始まったBattle。
2曲目に早くも【死ぬこと】きたΣ(・ω・ノ)ノ

なので『今日は攻めるセトリなの!?o(*゚▽゚*)o』って思ったんだけど、
Battleって存在自体が攻撃性全開なんだから、
攻めるセトリも攻めないセトリもないよな( ̄▽ ̄*)ゞ

とはいえ。
渋谷、名古屋では最後に持ってきてた【死ぬこと】が2曲目にきてるんだから、
この日に臨むメンバーの気合が違ってるのだけは確か。

それを裏付けるように、続いた3曲目が【世界は終わる】
やっぱ今日は攻めるセトリだね(≧ω≦) ←

この曲は、私には珍しく高い打点で跳ねるみたくヘドバンしたくなる曲で。
ループ曲だし振りっぱなしだし、しかも慣れない高い打点だし、
しんどいはずなんだけど、でもなぜかめっちゃ楽しくてついつい笑顔全開( ̄▽ ̄*)ゞ

ループするかしないかのタイミングで、
アイコンタクト取ってるメンバー見るのも楽しいんだよね(´艸`*)

そして次に始まった重いイントロ・・・【蠱惑】(*゚▽゚*)

ってかこの日の【蠱惑】走ってなかった?(; ̄▽ ̄A゛
いつものテンポで縦振りしたら、びみょーに合わなかったんだけどw

でもってこの日も3回目のBメロかな?
俺様が歌う歌詞をKENTAROさんも口ずさんでて、
しかもその歌詞が♪この身を生贄に捧ごう 手を握ってさえくれたら♪なもんだから、
そりゃあもう全力でハァ(:.;゚;Д;゚;.:)ハァしたさ(/ω\*)

そして。

♪一切の妥協を許しちゃならねぇ♪

その一言で、今まで会場中を暴れ狂っていた熱気が静止する。
逃げるように熱が醒めて、空気がぴんと凍りつく。
あぁ、この感じ、好きだ。

♪胸に手を当ててみな人間達ヨ♪
って、静かに一息で言い切ったKIBAさんに、
あ、そうだよね、KIBAさんは人間じゃないんだもんね。
って納得した。

人の上に立ち、人を統べる、人を超えた存在。

そんな突拍子もないことを、すんなりと納得させてしまう空気。

歌詞朗読のときのKIBAさんのオーラは、棘じゃなくて針。
降り注ぐ大量の、目に見えないほど細い針。

銃で撃ち抜かれるような、刃物で切りつけられるような痛みじゃなくて。
1本1本の針がもたらす痛みは小さいけれど、
ぴりぴりとした痛みに全身を絶え間なく貫かれる感覚。
そうして、気がつけば大量の針に縫いとめられて、身じろぎ一つできなくなってる。
痛いのに、怖いのに、
降り注ぐ針の鈍い光はすごく綺麗で、
自らの意思で、その痛みに身を差し出してしまう。

そんなことを思った。

私は歌詞を好きになれないとそのアーティストを好きになれない人間で、
だから、上手住人だけどKIBAさんの書く歌詞が、紡ぐ言葉がすごく好きで。
だから、KIBAさんが放つ言葉に射抜かれる痛みも、こんなにも好きなんだな。

・・・と、KIBAさんのオーラを堪能しまくって、曲本編。

Aメロで縦振りしながら、なんでこんなに久々感がないんだろう?と思ったら
このAメロ、【虹融合】のAメロだもんね(´艸`*)
【省略形達よ】を聴くのはSBG@江坂以来なのに、なんか不思議な感じ(´艸`*)

で、サビでね、KENTAROさんの右手の動きのあまりの速さに、
思わず完全に動きを止めて凝視しちゃったΣ(○△○;)ハエェ!

なんだあれなんだれなんだあれ!!!!!
いや、今さらなのは百も承知だけども!
もうあたしの手フェチ魂が全力で滾った(:.;゚;Д;゚;.:)

あかん、長年ずっと左手萌えだったのに、最近めっきり右手に釘付けだ(*´д`*)
(↑相変わらず病気です。治る見込みはありませんwむしろ悪化の一途ですwww)

そんなわけで、KIBAさんとKENTAROさん(の右手w)を堪能した後。
聴こえてきたイントロに、今度はちゃんとした意味でw滾った(≧ω≦)

【MARK】だぁぁぁぁヾ(≧▽≦)ノ

【MARK】といえばSBG@江坂で、命の危険を感じて、
Gargoyle史上初(だよね?)ライブ中にメンバー判断で飛ばされた曲。
リベンジきたよリベンジーーー(*≧▽≦*)

なので、普通にきても嬉しい曲なのに、
一層テンション上がった(≧ω≦)b

去年、虹融合周遊@名古屋で聴いたときもやってたけど、
この日もサビのきゅいーーーんのとこで
両手ともギターから離してΨ(`∀´)Ψってしててうきゃーヾ(≧▽≦)ノってなった♪

・・・KENTAROさんが舌出してめっちゃ悪い笑顔でΨ(`∀´)Ψってしたのがここだっけ?

でもってこれも確か【MARK】だったはず。
曲の最後でKENTAROさんの腰折れキターーー(≧∀≦)ーーーーー☆
視界の端で捉えた瞬間即座に対応できるあたしの反射神経ってばさすが隊員w

そして【MARK】といえば!の年長組のお見合いヘドバンはBattleでも健在(・`∀・)b

正確にはお見合いではなくKIBAさんが俺様の一歩後ろに並んでるんだけど(`∀´)∀≦)
いつ見てもあの振り幅から角度から何から何まで揃ったヘドバンは、
見ててテンション上がるよねー(´艸`*)
なのであたし、上手住人のくせして
センターでギターソロ弾いてるKENTAROさん完全スルー( ̄▽ ̄;)ゞ
ま、こればっかりは仕方ないw

ってかあたし、Ψ(`∀´)Ψも腰折れもお見合いヘドバン(`∀´)∀≦)も
全部キャーヾ(≧▽≦)ノキャー歓声上げてたから相当騒がしかったはず・・・(; ̄▽ ̄A゛

でも、次にきた曲もやっぱり騒がずにはいられない(≧∀≦)

だってあたしが【SBG】(アルバムの)で一番好きな
【 Black Hall Hurricane 】だもんo(≧∀≦o)(o≧∀≦)o

これ、SBG@江坂で1曲目だったんだよね。
だからこの曲聴くと無条件でスイッチ入るの♪

というわけで柵欲しい、柵!!!
逆ダイ飛びたい!!!!! ←暴れギャw

あ、あとこれはどの曲で、って限ったことじゃないんだけど。

Battleの衣装って素材的に普段の衣装より暑いじゃない?
だから汗の量見ても普段の比じゃないし、普段よりしんどいはずなのに、
客席を見るときの表情がね、
すっごい楽しそうで、挑発するような目で笑ってて。
それがすごい嬉しくて楽しくてかっこよくて、きゅんきゅんテンション上がった(〃▽〃)

で、そんなテンションをさらに上げるように、ドラムソロキターーー(≧∀≦)ーーーーー

これが!もう!
かなりの長さで見ごたえたっぷりで、
めっちゃくちゃかっこよかったんだよーーーo(>д<)o

どう考えてもBattleで一番しんどいのはKATSUJIさんのはずなのに、
そこでこんな素晴らしいドラムソロを魅せてくれるなんて、
ほんと頭が下がりますm(_ _)m

KATSUJIさん好きだぁーーー(*´д`*)

と、たっぷりとKATSUJIさんにきゅんきゅんした後。
【武神黙示録】を挟んで、次に聴こえてきたイントロにΣ(・д・ )ハッ!とした。

ライブで聴くの自体あたしは久しぶりだったんだけど、
そこに、SBG@江坂で聴いたときの記憶がフラッシュバックして、
気がついたら俺様がKIBAさんのマイクで煽ってた。

敏「行くぜガキ共ーーー( `д´)∂」

【CRAZY SADISM】だぁぁぁぁヾ(≧▽≦)ノヾ(≧▽≦)ノヾ(≧▽≦)ノ

もうね、もうね、曲入る前のかけあいで、
KENTAROさんの本気デス声に完全に昇天したよね( ̄▽ ̄*)ゞ
なんなら今思い出すだけでも腰砕けるからね(≧ω≦)b

でもって【CRAZY】が来た瞬間のガーゴイラーのボルテージの上がりっぷりよヾ( ̄w ̄* )
かけあいの時の熱狂ぶりとか、完全に宗教だよねw
ていうかむしろそこらの新興宗教なんか裸足で逃げ出す勢いだよねwww
これ、曲と事情を知らない信者さんの目にはどう映ったのかしら(´艸`*)

で、あたしはもちろんKENTAROさんに向かって全力で拳上げてたわけなんだけど、
やけに手前、低い位置が明るいなーと思ったら、
ステージと最前柵の間に俺様が降臨してたΣ(・∀・ノ)ノ

しかもKIBAさんのマイクを客席に向けて掲げながらやってくるw
で、上手端まできて折り返して、
ちょうどSBG→武神に着替えてステージに戻ってきたKIBAさんに
ステージ下からマイクを渡した

・・・なんかこの渡し方、萌えた(*´д`*) ←

・・・と、記憶があるのはここまで。
うん、テンション上がりすぎて曲中のこと覚えてない(爽笑)
あ、でも『☆』がうまく描けなかったのだけは覚えてる(・`∀・)b ←

そして、次に始まったのが【DESTROY】で、
『えっ、ここで!?!?!?』ってめっちゃびっくりした。

だって、まだ【HALLELUYAH】やってないんだよ!?
しかも【HALLELUYAH】ってラストじゃないし。
なのにここでこんなしんどい曲持ってくるの!?

Σ(・д・ )ハッ!!!
そうだ、信者の皆さん、
これが本物の【DESTROY】ですよーーー(*>д<)」

虹融合@O-EASTで団長がやったときは笑いが起きたけど、
これで本家の、笑いの起きない【DESTROY】を見てもらえる(≧ω≦)
って思って喜んでたとか内緒(/∀\;)

でさ、この曲の長くて速いギターソロを、
危なげなく弾ききったKENTAROさんが超絶かっこよかったの(*´д`*)

普段の普通のワンマンのときの方が見ててはらはらするとかどういうことだ

そして【DESTROY】といえば!なKIBAさんの『破壊せよ・・・』のくだり。

この日はだんだん声が弱く小さくなっていって、
それに合わせて身をかがめていって。

腰を折ってお立ち台に隠れるようにして、わずかな沈黙と静止。
そして一転、体を起こして強い声で『破壊せよーーー!』

それはまるで、司令官が全軍総攻撃の号令を下すように。
有無を言わさぬ威厳。カリスマ。

あ、ほら、やっぱり。
KIBAさんは人の上に立つ存在なんだよ。
って、【省略形達よ】で感じたことを改めて納得するくらい、
この日の『破壊せよ』は痺れるくらいかっこよかった。

そして。
ついに、というべきか、ようやく、というべきか。
流れ出すハレルヤ(SE)

・・・・・・・・・・・・・・あ、れ?
あかん、曲中の記憶ないヾ(゜∀、゜)ノアヒャ

覚えてることといえば、
Aメロでヘドバンしてるときに前の人が1拍早く体を起こしたので、
前の人の腰に頭突きするみたくなっちゃって、
さらにはその衝撃で後ろによろけてめっちゃ焦ったのと、
牙汁の滞空時間が長かったこと。

立ち位置的にこの日は絶対牙汁かかる!と思って身構えたのに、
来る!と思ったタイミングで降ってこず。
あれ?え?この位置でかからないわけないのに・・・
と思ってKIBAさんの様子を確認するべくセンターに視線を動かしたところで、
ようやく大粒で落ちてきたの。
あれって、相当上に噴き上げてたんかしら?

あと、これはどの曲か正確には覚えてないんだけど、
間奏明けがすぐにヘドバンだったから、
【HALLELUYAH】の可能性が高いかなーと思うのでここに書く。

ギターソロが終わって間奏明け。
KENTAROさんはお立ち台の上手側にいて、
ヘドバンを振りかぶった視界の端、
KENTAROさんがもんのすっごい華麗なターンきめて上手に戻った(:.;゚;Д;゚;.:)

これ、本気でかっこよすぎて、興奮のあまり変な声出たからね(〃д〃)

KENTAROさんってジャンプとハイキックはやるけど
ターンはあんまりやらないイメージで。
でもたまに見せるターンがめっちゃかっこいいんだよね(*´д`*)

はぁ、この日のターンは、どの曲だったかの確認もかねて、
いずれ舟でちゃんとDVD見なきゃだわ(*´д`*)

で。
【HALLELUYAH】も終わっていよいよBattleも最後の畳み掛けセクション。

うん、来ると思った。
てかこの曲なしのBattleとか考えられないし。の【FIRE KING】

そう。ここにきて【FIRE KING】

ほんっとこの曲はしんどいときにしか来ない!
・・・や、どこに来てもしんどい曲なんだけど。
1人SMの極みみたいな曲だけど。
でもそれが楽しいんだよね(´艸`*)

というわけで、瀕死の首に鞭打って振り倒すぜーーーヾ(゜∀、゜)ノ

こないだのメタ絵巻からBメロの縦振りを復活させてるんだけど、
やっぱり2番のBメロの後半、KENTAROさんの腰折れポイントは、
瞬時に折り畳みにスイッチ(・`∀・)b
うん、このバンギャ的反射神経、さすが隊員w ←2回目

でね、普段から低いヘドバンの打点をさらに下げないと振れなくなってて、
もう相当へろっへろになってたにもかかわらず、
なぜかそこだけすごく冷静に把握できてたんだよね、あたし。

【FIRE KING】に入る前に、KIBAさん、ラストって言わなかった。

つまり、最低でもあと1曲は絶対やるってことだよね。
と、気愛を入れ直して臨んだ【FIRE KING】の曲終わり。

牙「ノーゴッドもGargoyleも関係ねぇ!
  みんなぐちゃぐちゃに暴れていけ!!!」

KIBAさんがそう煽って始まったのは、【影王】

す・・・・・・・・・っげーかっこよかった。
まさに、“真王到来” ←曲が違うってつっこみは却下する。
圧倒的な、王者の威厳と風格。

【省略形達よ】でKIBAさんに対して
『人の上に立ち、人を統べる、人を超えた存在』って思ったのが、
この【影王】の“君臨する王者”の姿に帰結した気がした。

絶対的・圧倒的な強さと、それに裏打ちされた揺るぎなき自信。

神々しいまでにかっこよくて、言葉にならない。
今思い出しても、感極まって泣きそうだもん。

あー、そりゃぁ敵わないわ。無理だわ。
こんな姿を見せつけられたら、ひれ伏すしかないわ。

あたし、初めて見たガーゴのワンマン、Battle だったよね・・・
そりゃー最初にこんなの見ちゃったら、ハマらないわけがないわ。
魂持ってかれるに決まってるわ。
人生変わるわ。
って、すとーんと納得した。

あの時は、普通のワンマンも見たことないのにいきなりBattleなんて・・・
ってためらう気持ちもあったけど、
私にとってはあれが正しい順序で、あるべきタイミングだったんだなって思う。

この日、江坂のステージに降臨したBattle Gargoyleは、
正真正銘“King of Monsters”でした。

【セトリ】
SUPER DOGMA
死ぬこととみつけたり
世界は終わる
蠱惑
省略形達よ
MARK
Black Hall hurricane
武神黙示録
CRAZY SADISM
DESTROY
HALLELUYAH(前奏付き)
FIRE KING
影王

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

2013/01/27 23:59 
GargoyleComment(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。